HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [甲信越地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


奴奈川神社
ぬながわじんじゃ
[新潟旅行] 新潟県糸魚川市田伏南村569  Zenrin Data Com Maps display !!


榊九葉

式内社 越後國頸城郡 奴奈川神社
旧郷社

御祭神
奴奈川比賣命 大日孁命 八千矛命

梶屋敷駅の西、8号線側に鳥居があるが、
神社は北陸線の線路を越えた所にある。

境内ではゲートボールの試合をしていたので、
遠慮しながら参拝。
ということで、境内は狭くはない。末社も幾つかある。
本殿は拝殿と繋がっているが流造ということは判別可能。

社伝によると、成務天皇の御宇、
市入命が越後国の国造となって当地に来られ、
奴奈川姫命の子・建沼河男命の裔長比売命を娶り、
当社を創祀したという。

式内社・奴奈川神社の論社で、
明治六年十二月村社に列し、大正八年郷社に昇格した。

神紋は、何かの葉で作られた枝丸だった。
「神社名鑑」には、榊九葉とある。榊の葉かどうかわからなかった。
「式内社調査報告」に宮司は榊氏の世襲とあるが、それが理由か。


8号線沿いにある鳥居

境内入口

境内

拝殿

本殿

灯篭と石碑

拝殿

拝殿扁額

戌多社

天満宮

天王社

奴奈川神社旧郷社
糸魚川市田伏 北陸本線 梶屋敷駅より〇.五粁
祭神 奴奈川比売命 他二柱 例祭 四月二四日 一〇月二四日
神紋 榊九葉 本殿 流造 七.五坪 境内 一五二八坪
氏子 一八〇戸 崇敬者 一千人
由緒沿革 成務天皇の御宇に市入命越後国の 国造となって当地に来り、奴奈川姫命の子建 沼河男命の裔長比売命を娶り、奴奈川姫命の 社を建て神田神戸を寄附したという。又延暦 二二年市入命の後胤国造藤好当社を崇敬する こと厚く、神田神戸を増附した。弘安四年蒙 古来襲の時、異賊退治御祈願のため奉幣あり。 寛永年中には松平越後守光長厚く崇敬し鏡一 面を奉納した。大正八年郷社に列す。

−『神社名鑑』−



最終更新日:2013/10/09
【 奴奈川神社 】

ボーダー




甲信越地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
甲州市
甲斐市
甲府市
山梨市
西八代郡 市川三郷町
中央市
笛吹市
南アルプス市
南巨摩郡 富士川町
南都留郡 富士河口湖町
韮崎市
北杜市

安曇野市
塩尻市
下伊那郡 阿智村
下伊那郡 阿南町
下伊那郡 下條村
下高井郡 山ノ内町
下高井郡 木島平村
下高井郡 野沢温泉村
下水内郡 栄村
茅野市
佐久市
小県郡 青木村
小県郡 長和町
松本市
上伊那郡 辰野町
上高井郡 高山村
上高井郡 小布施町
上水内郡 小川村
上田市
埴科郡 坂城町
諏訪郡 下諏訪町
諏訪郡 富士見町
諏訪市
須坂市
千曲市
大町市
中野市
長野市
東御市
東筑摩郡 生坂村
南佐久郡 小海町
南佐久郡 南相木村
飯山市
北安曇郡 池田町
北佐久郡 軽井沢町
北佐久郡 立科町
木曽郡 王滝村
木曽郡 木曽町

阿賀野市
加茂市
魚沼市
見附市
五泉市
佐渡市
三条市
三島郡 出雲崎町
糸魚川市
小千谷市
上越市
新潟市 北区
新潟市 東区
新潟市 中央区
新潟市 秋葉区
新潟市 西区
新発田市
西蒲原郡 弥彦村
村上市
胎内市
長岡市
南蒲原郡 田上町
南魚沼郡 湯沢町
南魚沼市
柏崎市
妙高市