HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [甲信越地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


健御名方富命彦神別神社
たけみなかたとみのみことひこわけのじんじゃ
[長野旅行] 長野県飯山市大字豊田字伊豆木原3681−1  Zenrin Data Com Maps display !!


諏訪梶

式内社 信濃國水内郡 健御名方富命彦神別神社 名神大
旧県社

御祭神
健御名方富命
配祀
庭津女命 知奴命 沙南豆良姫命 麻背命 八須良雄命 武彦根命

長野県の北部、飯山市にある。
戸狩温泉スキー場の南、1.5Kmの地点。
東へ1.5Km行くと千曲川が流れる場所。
11月の参拝だが暖かく、スキー場にも雪はない。

古来、この周辺は「五束(ごそく)」と呼ばれ、
当社は、「五束の大宮」と呼ばれていた。
また、土地では、「お諏訪さん」とも呼ばれ、御柱祭も行われる。

当社の太々神楽の歴史は古く、九月の秋季大祭では、
猿田彦・天鈿女・恵比須・手力男の面をつけた一五曲の舞が奉納される。

創祀年代は不詳。

かつては大宮諏訪社とも称していたが
式内社・健御名方富命彦神別神社の論社。
であれば、主祭神は彦神別命であるはず。
彦神別命は諏訪神の御子神の長子とされている神。

境内社の若宮社本殿は、重要文化財だが、見ることはできなかった。
本社本殿もトタンの覆殿で見ることはできない。
雪の多い地方だから、これも仕方がないことだろう。

本殿後方に、「五束の伊勢社」がある。
江戸時代に、「お伊勢参り」が流行し、各地にできた伊勢講の名残。
伊勢講とは、伊勢参りのための資金調達・蓄積を目的に、
村などのグループで集まって結成され、代表者を伊勢参りにおくるもの。

参道階段を登ると、左右に木造の境内社。
本殿両脇には、御柱が立ち、石祠がある。
本殿後方には、五束の伊勢社と呼ばれる、石祠が並んでいる。
さらに後方の山上には鎮座石とよばれる巨石があるらしい。


社域

鳥居

鳥居


参道階段上の境内社、左は水戸社、右が重要文化財社殿のある若宮社
他の境内社は石祠でどれがどれかわからない。
因みに、春宮・秋宮・少彦名社など

水戸社

若宮社

拝殿

本殿

社殿から参道


五束の伊勢社、石祠がズラッと並んでいる。面白い

健御名方富命彦神別神社(大宮)旧県社
飯山市豊字伊豆木原
祭神 建御名方富命他六柱 例祭 九月二四日
本殿 流造 一四坪 境内 三四二八坪
末社 七社 宝物 薙鎌 鬼面
氏子 九三戸 崇敬者 四六五人
神事と芸能 御柱祭、太々神楽
由緒沿革 当地は往古湖水をなし、水内の海 と称した時、湖北の山林に鎮座したと伝えら れる。古来一に大宮諏訪神社の称あり、大宝 三年官幣に預り、貞観九年正二位に陞叙せら れたという。大同年中伊豆加の県主田村義仁 の祈願所で、後飯山城主代々の崇敬社であっ た。明治一三年県社に列す。

−『神社名鑑』−



最終更新日:2013/10/09
【 健御名方富命彦神別神社 (飯山) 】

ボーダー




甲信越地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
甲州市
甲斐市
甲府市
山梨市
西八代郡 市川三郷町
中央市
笛吹市
南アルプス市
南巨摩郡 富士川町
南都留郡 富士河口湖町
韮崎市
北杜市

安曇野市
塩尻市
下伊那郡 阿智村
下伊那郡 阿南町
下伊那郡 下條村
下高井郡 山ノ内町
下高井郡 木島平村
下高井郡 野沢温泉村
下水内郡 栄村
茅野市
佐久市
小県郡 青木村
小県郡 長和町
松本市
上伊那郡 辰野町
上高井郡 高山村
上高井郡 小布施町
上水内郡 小川村
上田市
埴科郡 坂城町
諏訪郡 下諏訪町
諏訪郡 富士見町
諏訪市
須坂市
千曲市
大町市
中野市
長野市
東御市
東筑摩郡 生坂村
南佐久郡 小海町
南佐久郡 南相木村
飯山市
北安曇郡 池田町
北佐久郡 軽井沢町
北佐久郡 立科町
木曽郡 王滝村
木曽郡 木曽町

阿賀野市
加茂市
魚沼市
見附市
五泉市
佐渡市
三条市
三島郡 出雲崎町
糸魚川市
小千谷市
上越市
新潟市 北区
新潟市 東区
新潟市 中央区
新潟市 秋葉区
新潟市 西区
新発田市
西蒲原郡 弥彦村
村上市
胎内市
長岡市
南蒲原郡 田上町
南魚沼郡 湯沢町
南魚沼市
柏崎市
妙高市