HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [甲信越地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


守田廼神社
もりたのじんじゃ
[長野旅行] 長野県長野市大字高田字八幡宮西沖174  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 信濃國水内郡 守田神社
旧村社

御祭神
誉田別命 建御名方命 保食神

長野県長野市にある。
長野駅の北東2Kmほどの高田に鎮座。
19号線(昭和通り)の「守田神社入口」交差点から
北へ入ると当社正面。

木製鳥居をくぐると、垣に囲まれた広い境内で、
鳥居周囲には巨木が茂っている。
砂地の境内の中央に、石の参道がまっすぐ延びており
正面に立派な社殿。
入母屋造拝殿の後方に、祝詞殿・本殿と並んでいる。
当社本殿内には神殿があるらしい。
明治十二年、善光寺北側にあった善光寺守護神・年神堂が、
神仏分離により城山へ遷った際(現健御名方富命彦神別神社)
当時の年神堂本殿を、当社へ移築したもの。

創祀年代は不祥。
式内社・守田神社の論社の一つ。

案内板によると、往古は守田沖に鎮座し守田八幡宮と称していたが、
焼失したため、長録三年に現在地へ遷座したという。

本殿内の神殿は、明治になって年神堂から移築されたものだが
御神体は、年神堂から元禄十二年に移されていたらしい。
案内によると、御神体は善光寺御堂再建の際、
守護神として安置されたものだが、
正安三年、八幡堰修理のため、年神堂へ移していた。
その後、貞享三年大勧進ならびに法輪院本覚院に
「高田の地へ遷せ」との神託があり、
高田の地にあった守田八幡宮神主にも同じ御告があったため
双方協議して、元禄十二年、御神体を年神堂から移したという。
よって当社には「神体勧請社八幡宮」という額がある。

式内社・守田神社の論社ということは、
本来は守田神社であったものが、後に八幡神が勧請されて
守田八幡宮となったのだろう。

宝暦六年(1756)には、
吉田家から旧称の守田神社の称号で幣帛を受けている。
ところが、文政年間(1818〜1830)、
式内社論争によって、
長沼穂保の守田神社ならびに古間の守田神社の二社より
異議を唱えられた時、
当時の神主が幼かったため、他社の神主が対応し、
その結果、天保十年(1839)社名に
「廼」の字を加えてしまったという。

境内には境内社が2つ。
一つは、朱の鳥居をもつ大きな社殿の守田廼稲荷社。
宇迦之御魂神 猿田彦神 大宮能賣神
もう一つは、小さな石祠の交通安全守神(八衢彦神 八衢姫神)。


鳥居

境内

境内

社殿

守田廼稲荷社

交通安全守神

本殿・祝詞殿

社殿

守田廼神社(延喜式内社)
信濃の国の式内神社は四十八座であり、今から千七百十五年前(九〇五年) 延喜五年に第六十代醍醐天皇の命令によってつくられた式を集め たもの五十巻あり、平安時代の政治のしくみを知る資料である。
式とは、大宝律令によって政治をするため、つくられたこまかい規則 であり、式内社とはその時の式帳即ち神名帳に収められ、登録 記載されている神社であります。
御祭神は誉田別命、即ち第十五代応神天皇であります。
本社の創立年月日は不詳、旧北高田村の産土神で口碑に拠るに 往古より守田八幡宮と称し、守田沖に鎮座のところ焼失し長録 三年(一四五九年)に現今の地に遷し再築する。古は裾花川と浅川の 二川横流氾濫し、広獏たる荒野なりしが、ここに地勢高く水利に便な る所あり、時に神告あり、由りて時の人々開墾して美田を得たり、その故 を以って村名とする、高田は即ち土地高く美田より起りしという。
宝歴六年(一七五六年)十二月神祇管領吉田家より旧称のまゝ守田神社 の称号を以って幣帛奉進相成りました。
本社の御祭神は相州鎌倉鶴賀岡八幡宮の分神にして源頼朝御台所 政子御前の家臣本田治郎と僧専光坊良運の合作にして建久八年(一一九 七年)後鳥羽天皇の御代に源頼朝政子御前と共に三月二十八日鎌倉を 発足し、四月六日に信州長野に御着、御問御所(今の問御所)に八幡大神を 安置し焼失せし善光寺御堂を再築せられしと、これ善光寺如来の 守護神とせし思召しなりと云々、鶴賀とか八幡堰(八幡川)の名も此の 鶴賀岡八幡大神に依りて起りしという。
其の後正安三年(一三〇一年)長野庄司 長沼五郎、島津元始等の人々 八幡堰を掘直しのため、八幡大神を善光寺御堂の裏即ち年神堂に 遷せしものなりという。其の後貞享三年(一六八六年)に大勧進並に法輪 院本覚院に八幡大神の御告ありて曰く「是より東高田の郷に社あり、我が 有縁の地なれど茲に遷せ」と、当時守田八幡宮の神主にも同様の御告あり しを以って不思議とばかりに問合わせしに果して同御告なれば双方熟談の上、 宮の修理をなし元禄十二年(一六九九年)三月双方御送迎の上賑々しく高田 の宮に御遷座せしものなり、故に肩書に神体勧請社とありて他に比類 なき霊神なりと口碑に伝う。「神体勧請社八幡宮」の額あり。
社地境内は八幡堰を以って東南を囲み槻の巨木数樹ありて松、杉、 是におおい。うっ蒼天を覆い、一見古社たるの観ありしが社頭焼 失以前の盛時の名残を地名に存ぜり。
本社御本殿内の御神殿は年神堂の御本殿にして桃山時代の建 造物であり明治十二年にこの守田八幡宮に遷せしものなり。


−境内案内板−



建造物 守田廼神社本殿
長野市指定文化財
昭和四十二年十一月一日指定
 大樹が茂る広々としたこの境内の中央に三 つの屋根が南北にならんでいる。すなわち、 南から北へ、拝礼のための拝殿、神前で祝詞 を唱える祝詞殿、神霊を奉る奥殿が建ってい る。 とくに最後尾の奥殿は、人の背丈程あ る反りを持つ立派な石積の上にある。 この 建物の中に安置されている流れ造りが長野市 指定の有形文化財守田廼神社本殿である。
 流れ造りは仏教の影響を受けて平安時代初 期に成立した様式と考えられている。
 この社殿の場合、正面が三間、側面が一間 屋根が木羽板葺で正面中央に五段の階段があ る。特に部材に施された彫刻が簡素で、その 上に塗られた彩色も控えめな点に特徴がある
 一般に江戸時代の神社と仏閣は、徐々に過 剰な装飾を全面に持つようになる。しかし、 過飾に至っていないこの姿は江戸時代の最初 期を表すと考えるのが的確であろう。
 明治時代の初めに、この社殿は神仏分離を 経て、善光寺の北からこの地に移されてきた。  側面にみえる部材の一部を切り縮めた痕跡 は、移築の際のものという。

−境内案内板−



最終更新日:2013/10/09
【 守田廼神社 (長野市) 】

ボーダー




甲信越地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
甲州市
甲斐市
甲府市
山梨市
西八代郡 市川三郷町
中央市
笛吹市
南アルプス市
南巨摩郡 富士川町
南都留郡 富士河口湖町
韮崎市
北杜市

安曇野市
塩尻市
下伊那郡 阿智村
下伊那郡 阿南町
下伊那郡 下條村
下高井郡 山ノ内町
下高井郡 木島平村
下高井郡 野沢温泉村
下水内郡 栄村
茅野市
佐久市
小県郡 青木村
小県郡 長和町
松本市
上伊那郡 辰野町
上高井郡 高山村
上高井郡 小布施町
上水内郡 小川村
上田市
埴科郡 坂城町
諏訪郡 下諏訪町
諏訪郡 富士見町
諏訪市
須坂市
千曲市
大町市
中野市
長野市
東御市
東筑摩郡 生坂村
南佐久郡 小海町
南佐久郡 南相木村
飯山市
北安曇郡 池田町
北佐久郡 軽井沢町
北佐久郡 立科町
木曽郡 王滝村
木曽郡 木曽町

阿賀野市
加茂市
魚沼市
見附市
五泉市
佐渡市
三条市
三島郡 出雲崎町
糸魚川市
小千谷市
上越市
新潟市 北区
新潟市 東区
新潟市 中央区
新潟市 秋葉区
新潟市 西区
新発田市
西蒲原郡 弥彦村
村上市
胎内市
長岡市
南蒲原郡 田上町
南魚沼郡 湯沢町
南魚沼市
柏崎市
妙高市