HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [甲信越地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


佐久神社
さくじんじゃ
[山梨旅行] 山梨県笛吹市石和町河内80  Zenrin Data Com Maps display !!


丸に三つ引

式内社 甲斐國八代郡 佐久神社
旧郷社

御祭神
岩裂神 根裂神 天手力雄命

山梨県笛吹市にある。
石和温泉駅の南西4Kmの河内に鎮座。
笛吹川に近い場所。

南向きの新しい鳥居が建ち、境内は広い。
境内北隅に、数本の木に囲まれた社殿。

本殿が、かなり立派で、彫刻も美しい。
背後に回ると、ワイヤーや木の支えがあったが、
倒壊の恐れがあるのだろうか。

社伝によると、雄略天皇元年三月の創建。

祭神は、磐裂神根裂神
昔、当地が湖水であった頃、水を抜いて、
開拓した神々だという。
よって、社名が佐久(さく)となった。

境内には、丸石の猿田彦神や、石祠がいくつかあるが、
「要石」もある。謂われは知らない。

参拝は、晩秋の十一月の早朝。
境内の木も、赤く染まっていたが、そろそろ終わり。


鳥居

社号標

舞殿

境内

拝殿

石祠

本殿

後方

要石。どこか新しい雰囲気

丸石

佐久神社(県指定文化財)
 当社は、甲斐国の開闢祖神として仰かれた 岩裂根裂の二神と天手力雄命を、雄略天皇 の時代に国の中央にあたる現在地に祝祭した といわれ、平安時代(十世紀初頭)わが国最 古の官社一覧表である延喜式神名帳に甲斐 国の式内二十座に登録されている。
 社殿は、文久二年(一八六二)に改築され たものであり、梁行三間桁行三間の総欅唐破 風造檜皮葺で、江戸期神社建築の優れた技法 を集め、屋根組みと彫刻の造形美はその極致 に達している。
 昭和三十三年本殿と神殿が県指定文化財 となった。
 祭典は、春季大祭(四月三日)、秋季大祭 (十月十六日)が執行され、砂原太々神楽( 町指定無形文化財)が奉納される。
所在地 石和町河内八〇番地

−境内案内より−


山梨県指定有形文化財
佐久神社本殿付神額
昭和三十三年六月十九日指定
東八代郡石和町河内
佐久神社所有
 三間社流造、正面一間に唐破風付向拝を設け、 桧皮葺であった屋根は現在銅板葺としている。
 社記には「昔いちめんに湖水状だったこの地を、 岩裂根裂の両神が水を落として田や畑を興した ので、雄略天皇の時、当時開闢の祖神として現在 地にまつり佐久神社と称した。」とある。
 創立は古いが、本殿そのものは明治の少し前、 文久二年(一八六二)に建てられたもので、指定 理由は本殿周囲の優れた彫刻であって、この点に おいては他に例が少ない。

−境内案内より−



最終更新日:2013/10/09
【 佐久神社 (笛吹市) 】

ボーダー




甲信越地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
甲州市
甲斐市
甲府市
山梨市
西八代郡 市川三郷町
中央市
笛吹市
南アルプス市
南巨摩郡 富士川町
南都留郡 富士河口湖町
韮崎市
北杜市

安曇野市
塩尻市
下伊那郡 阿智村
下伊那郡 阿南町
下伊那郡 下條村
下高井郡 山ノ内町
下高井郡 木島平村
下高井郡 野沢温泉村
下水内郡 栄村
茅野市
佐久市
小県郡 青木村
小県郡 長和町
松本市
上伊那郡 辰野町
上高井郡 高山村
上高井郡 小布施町
上水内郡 小川村
上田市
埴科郡 坂城町
諏訪郡 下諏訪町
諏訪郡 富士見町
諏訪市
須坂市
千曲市
大町市
中野市
長野市
東御市
東筑摩郡 生坂村
南佐久郡 小海町
南佐久郡 南相木村
飯山市
北安曇郡 池田町
北佐久郡 軽井沢町
北佐久郡 立科町
木曽郡 王滝村
木曽郡 木曽町

阿賀野市
加茂市
魚沼市
見附市
五泉市
佐渡市
三条市
三島郡 出雲崎町
糸魚川市
小千谷市
上越市
新潟市 北区
新潟市 東区
新潟市 中央区
新潟市 秋葉区
新潟市 西区
新発田市
西蒲原郡 弥彦村
村上市
胎内市
長岡市
南蒲原郡 田上町
南魚沼郡 湯沢町
南魚沼市
柏崎市
妙高市