HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [甲信越地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


小丹生神社
をにふじんじゃ
[新潟旅行] 新潟県見附市熱田町字宮ノ浦541  Zenrin Data Com Maps display !!


丸に五三の桐

式内社 越後國古志郡 小丹生神社
旧村社

御祭神
波多武日小命 天美明命 須佐之男命

見附市熱田町にある。東西に流れる刈谷田川の南の集落の中。
南面した境内だが、予想以上に広く深い。

参道も整備されており、早朝の参拝で、拝殿に蛍光灯も灯っていた。
近隣の信仰の深さを感じる。

拝殿の後ろに、少し間を置いて本殿がある。
というか、本殿が入っている小屋がある、というべきか。

拝殿右手には、神楽殿兼祓殿もある。

熱田にあるため、熱田明神とも称された神社で
式内社・小丹生神社の論社。

「小丹生」の社号からか、
埴安神や小丹生を祭神とした時期もあったが
現在の主祭神は、波多武日小命。

波多武日小命は大彦命の御子神で、
新羅の王女・天美明命を娶り、越の中ツ国に館を定め
小丹生の三官と称していたという。

小丹生の三官の後裔である古志連が、
祖神を小丹生ケ岡に祀ったのが当社の起源。
天喜年間(1053〜1058)、熱田ケ岡の現在地に遷座された。

明治四年村社に列した。


境内入口の社号標

参道

参道の鳥居

参道

境内

拝殿

本殿

『古證古記』によれば、祭神は大彦命の御子波 多武日子命、新羅国王女天美明命を娶り給ひ、漢高祖の裔 孫王仁公を召し従ひ、大和より来臨、越の中ツ国に館を定 め小丹生(ヲニフ)の三官(ミキミ)と称し、登千尾谷(栃尾谷)より賀摩原埼 (蒲原埼)猿橋迄を神領として治定された。三官薨去の後、 波多武日子、天美明命二神は越の川東金蔵山(長岡市妙見町 金倉山)三ツ嶺に鎮り、王仁公は古志の宮内ケ岡に鎮座し 一王神と称した。(長岡市宮内 高彦根神社
 小丹生三官の裔は、古志連となり、蒲原の小栗山に居住 したが、再び古居に館を構へた。これを三官の館と称し、 古志一円を治め、先祖の波多武日子命、天美明命の霊を奉 じ、須佐之男命と共に小丹生ケ岡に祀り、八束の御剣を神 器として奉斎した。天喜年間(一〇五三〜五八)熱田ケ岡に 遷り、永く土民の尊信をあつめ、社運の繁栄をみた。
 明治四年、古柏崎県二十二大区八ケ村の村社となり、 後古志郡郷社の内となり、明治六年十一月、古志郡第十五 大区小六区二十一ケ村の村社となつた。

−『式内社調査報告』−



最終更新日:2013/10/09
【 小丹生神社 】

ボーダー




甲信越地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
甲州市
甲斐市
甲府市
山梨市
西八代郡 市川三郷町
中央市
笛吹市
南アルプス市
南巨摩郡 富士川町
南都留郡 富士河口湖町
韮崎市
北杜市

安曇野市
塩尻市
下伊那郡 阿智村
下伊那郡 阿南町
下伊那郡 下條村
下高井郡 山ノ内町
下高井郡 木島平村
下高井郡 野沢温泉村
下水内郡 栄村
茅野市
佐久市
小県郡 青木村
小県郡 長和町
松本市
上伊那郡 辰野町
上高井郡 高山村
上高井郡 小布施町
上水内郡 小川村
上田市
埴科郡 坂城町
諏訪郡 下諏訪町
諏訪郡 富士見町
諏訪市
須坂市
千曲市
大町市
中野市
長野市
東御市
東筑摩郡 生坂村
南佐久郡 小海町
南佐久郡 南相木村
飯山市
北安曇郡 池田町
北佐久郡 軽井沢町
北佐久郡 立科町
木曽郡 王滝村
木曽郡 木曽町

阿賀野市
加茂市
魚沼市
見附市
五泉市
佐渡市
三条市
三島郡 出雲崎町
糸魚川市
小千谷市
上越市
新潟市 北区
新潟市 東区
新潟市 中央区
新潟市 秋葉区
新潟市 西区
新発田市
西蒲原郡 弥彦村
村上市
胎内市
長岡市
南蒲原郡 田上町
南魚沼郡 湯沢町
南魚沼市
柏崎市
妙高市