HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [甲信越地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


御島石部神社
みしまいそべじんじゃ
[新潟旅行] 新潟県柏崎市西山町石地1258  Zenrin Data Com Maps display !!


丸に洲浜

式内社 越後國三嶋郡 御嶋石部神社
旧村社

御祭神
大己貴命

新潟県柏崎市にある。
日本海沿いを走る352号線そば、西山町石地に鎮座。
道路から整備された参道が続く。

境内は椎の自生林の中にあり、巨木も多く広い。

境内には、神楽殿、幣殿などもあり、
往時の規模を想像させる。

創祀年代は不詳。

社伝によると、祭神が頚城郡居多より船にて、
石地の浜に着岸し、石部山にとどまり、
遣わされた宝剣を神体として祀ったという。

式内社・御嶋石部神社の論社。

応永十五年、末社の二田神社が崩壊し合祀したため
二田社、二田大菩薩、御嶋二田神社とも称されたが、
天明二年九月、現社名に復したという。

手水舎や社殿の屋根に洲浜紋が付けられている。

境内社が幾つかあるが詳細は不明。
『式内社調査報告』には、神明宮、金刀比羅神社、八坂神社、
湯殿山神社、諏訪神社、厳島神社、稲荷神社の名が記されている。


参道

鳥居

社殿

拝殿

拝殿

社号標

本殿

境内社

神楽殿

境内社

椎の木

古峯、伊夜日子大神

 御島石部神社
当神社は延喜式神名帳に載っている 由緒ある神社であって、祭神は大己貴命大国主命)である。その昔、命が北陸東北方 面平定の為に出雲より水路にて当地を通ら れた時、岩の懸橋が海中より磯辺まで 続いているのを不思議に思われ、船を寄 せてみると、当地の荒神二田彦・石部彦 の二神が出迎え卮(さかずき)に酒を盛り、敬意 を表した。
当神社の祭礼神輿が陸から島に御渡 りになり、その時、御神酒を捧げる吉例 は此処に由来する。
また、命が残していかれた御佩(はかせ)の剣は当神社 の御神体として崇奉り鎮守となっている。
本殿の彫刻は関東きっての名工、小林 源太郎(熊谷の住人)の弘化二年の作品で あり、彼の得意とする子持ち龍は見る人 を魅了する素晴らしい出来映えの作品 といわれている。

−境内案内−



最終更新日:2013/10/09
【 御島石部神社 (西山) 】

ボーダー




甲信越地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
甲州市
甲斐市
甲府市
山梨市
西八代郡 市川三郷町
中央市
笛吹市
南アルプス市
南巨摩郡 富士川町
南都留郡 富士河口湖町
韮崎市
北杜市

安曇野市
塩尻市
下伊那郡 阿智村
下伊那郡 阿南町
下伊那郡 下條村
下高井郡 山ノ内町
下高井郡 木島平村
下高井郡 野沢温泉村
下水内郡 栄村
茅野市
佐久市
小県郡 青木村
小県郡 長和町
松本市
上伊那郡 辰野町
上高井郡 高山村
上高井郡 小布施町
上水内郡 小川村
上田市
埴科郡 坂城町
諏訪郡 下諏訪町
諏訪郡 富士見町
諏訪市
須坂市
千曲市
大町市
中野市
長野市
東御市
東筑摩郡 生坂村
南佐久郡 小海町
南佐久郡 南相木村
飯山市
北安曇郡 池田町
北佐久郡 軽井沢町
北佐久郡 立科町
木曽郡 王滝村
木曽郡 木曽町

阿賀野市
加茂市
魚沼市
見附市
五泉市
佐渡市
三条市
三島郡 出雲崎町
糸魚川市
小千谷市
上越市
新潟市 北区
新潟市 東区
新潟市 中央区
新潟市 秋葉区
新潟市 西区
新発田市
西蒲原郡 弥彦村
村上市
胎内市
長岡市
南蒲原郡 田上町
南魚沼郡 湯沢町
南魚沼市
柏崎市
妙高市