HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [甲信越地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


御嶽神社
みたけじんじゃ
[長野旅行] 長野県上田市御嶽堂179  Zenrin Data Com Maps display !!

旧郷社

御祭神
大己貴命 少彦名命 安閑天皇

長野県上田市にある。
しなの鉄道・大屋駅の南西7Kmほどの御嶽堂に鎮座。
152号線を5Kmほど南下して西へ入り、依田川を越えて西へ行くと
車道に面して、参道入口に赤い鳥居が立っている。

鳥居の左手に灯籠が立ち、右手には「郷社御嶽神社」と刻まれた社号標。
参道入口から、500mほど狭い車道を上って行くと当社に到着するが、
当社の手前100mほどの位置に、木曽義仲館跡がある。

『平家物語』に「木曽は依田城に有りけるが…」とある依田城の候補地。
治承四年(1180)、平家討伐のため木曽を出た義仲は、
依田氏の招聘を受けて当地に逗留し、養和元年(1181)白鳥河原にて挙兵した。

木曽義仲館跡(依田城)の候補地は当地の周辺にいくつかあるが、
いずれにしろ砂原峠の近くで、東信・北信・南信を結ぶ要衝の地であり
東山道・北国道を一帯見渡すことができるなど戦略的にも重要な地帯。
また、地元の土豪、依田・丸子・長瀬氏など、信濃や上州の関東武士団が控え、
さらに強力な騎馬団に必要な「御牧」なども存在した地であった。


参道入口

社前100mに木曽義仲館跡

木曽義仲館跡

木曽義仲館跡

木曽義仲館跡
 城山北麓の台地上にあるこの館跡は 依田城とも呼ばれ、「平家物語」の中に 出てくる  「木曽は依田城に有りけるが…」 の依田城はここであると推定されてい ます。
 治承四年(一一八〇年)、木曽を出た 義仲は、この依田城に拠って挙兵し、 信濃軍団を率いて平家の大軍を撃破し ました。
 ここは、塩田平を砂原峠で結ぶ要所 をおさえ、城山々頂からは、東山道や 川中島方面まで望見できる要害の地で ありました。

−案内板−



木曽義仲館跡
 治承四年(一一八〇年)九月木曽館で 「以仁王」の平家討伐の令旨を受けた義仲は 「旗上げ」の儀式を済ませると、 かねてから依田氏らから兵馬調達と挙兵の 適地として招聘を受けたここ依田館に入城 し逗留後、信濃源氏、上州源氏三千余騎を 集め養和元年(一一八一年)白鳥河原に 兵を集結させ越後の平家方、城資永 率いる二万余の大軍を打ち破り、後の 倶利伽羅峠の合戦に勝利するまで長期に わたりこの館に逗留した義仲軍の実質的 な挙兵の地と言われている。 また居館は周辺一帯の段丘に広がって いたと推定される。

−案内板−

木曽義仲館跡から100mほど進むと当社の社域。
境内入口の鳥居をくぐると、鬱蒼と木々の茂る境内。
参道を進むと石組があり、石組の上に社殿。
拝殿の後方、覆屋根の設置された流造の本殿がある。

石組の手前、境内の左手に石祠が十個並んでいるが詳細は不明。
昔は、境内の左手の山腹に、四つの木造祠と五つの石祠が祀られていたが、
大正八年(1919)四月、上組内に散らばっていた
石尊社・諏訪社・白山社・三峯社・大神宮・稲荷社・金毘羅社を合祀。
平成十年(1998)新しく土台を造って祀りなおしたものらしい。

当社の社号・御嶽神社は『平成祭データ』には「おんたけじんじゃ」とあるが
鎮座地名の御嶽堂(みたけどう)同様、地元では「みたけじんじゃ」と呼ぶ。

創祀年代は不詳。
古来、依田村内の上組の産土神として崇敬された神社。

一説には、依田城に在った木曽義仲が、
「王の御嶽(みたけ)」として信仰していた木曾の御嶽山の神
大己貴命少彦名命)を祀ったという。

あるいは、奈良金峯山の蔵王権現(安閑天皇)を勧請し
水分(みくまり)山である城山を御嶽(みたけ)としたという説もあるらしい。

以上のように祭神は大己貴命、少彦名命、安閑天皇。
社殿には御神体として、正面に黒衣束帯に彩色された地蔵尊の木像座像、
右手には彩色してない地蔵尊の木像立像、
左手には衣冠束帯に彩色された木像座像が祀られているらしい。

永禄年中、武田信玄によって拝殿が造営され、
天正三年(1575)六月本殿が再建された。

元は、御嶽権現と称していたが、明治三年十月、御嶽神社と改称し、
明治六年四月御嶽堂・生田・東内・西内・腰越五ヶ村の郷社に列した。

境内右手が広くなっているが、
昔は奉納相撲などの神事が行われていたのだろう。


社頭

鳥居

境内参道

境内

境内社

社殿

拝殿

本殿

境内

御嶽神社
依田村大字御嶽堂、字日陰にあり。祭神は大己貴命・少彦名命・安閑天皇。祭日、九月二十八日。創立年代詳 ならず。永禄年中武田信玄の崇敬する所となり拜殿を造營し、天正三年六月又本殿を再建すと。口碑もと御嶽 權現と稱せしを、明治三年十月二十日岩村田藩の許可を受け、御嶽神社と改稱す。舊御嶽堂村上組の産土神 たり。同六年四月御嶽堂・生田・東内・西内・腰越五ヶ村の郷社に列す。同四十一年十月二十七日會計法適用指 定。本殿・拜殿・鳥居等を具備し、境内、六百八十七坪。氏子七十二戸。

−『小縣郡史』−



最終更新日:2013/10/09
【 御嶽神社 (上田市) 】

ボーダー




甲信越地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
甲州市
甲斐市
甲府市
山梨市
西八代郡 市川三郷町
中央市
笛吹市
南アルプス市
南巨摩郡 富士川町
南都留郡 富士河口湖町
韮崎市
北杜市

安曇野市
塩尻市
下伊那郡 阿智村
下伊那郡 阿南町
下伊那郡 下條村
下高井郡 山ノ内町
下高井郡 木島平村
下高井郡 野沢温泉村
下水内郡 栄村
茅野市
佐久市
小県郡 青木村
小県郡 長和町
松本市
上伊那郡 辰野町
上高井郡 高山村
上高井郡 小布施町
上水内郡 小川村
上田市
埴科郡 坂城町
諏訪郡 下諏訪町
諏訪郡 富士見町
諏訪市
須坂市
千曲市
大町市
中野市
長野市
東御市
東筑摩郡 生坂村
南佐久郡 小海町
南佐久郡 南相木村
飯山市
北安曇郡 池田町
北佐久郡 軽井沢町
北佐久郡 立科町
木曽郡 王滝村
木曽郡 木曽町

阿賀野市
加茂市
魚沼市
見附市
五泉市
佐渡市
三条市
三島郡 出雲崎町
糸魚川市
小千谷市
上越市
新潟市 北区
新潟市 東区
新潟市 中央区
新潟市 秋葉区
新潟市 西区
新発田市
西蒲原郡 弥彦村
村上市
胎内市
長岡市
南蒲原郡 田上町
南魚沼郡 湯沢町
南魚沼市
柏崎市
妙高市