HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [甲信越地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


諏訪神社
すわじんじゃ
[山梨旅行] 山梨県北杜市須玉町若神子3282  Zenrin Data Com Maps display !!


諏訪梶

式内社 甲斐國巨麻郡 笠屋神社
旧郷社

御祭神
建御名方命

山梨県北杜市にある。
須玉町役場の近く。141号線の西そばにある。
隣りが中華料理店バーミヤンなので、ちょっとその駐車場に車を停めて参拝。
斜面にある境内は、とても狭い。

社前の説明によると、裏の丘の上に大岩があるらしい。

式内・笠屋神社の論社のひとつ。
駒井の当麻戸神社を下之社とし、穴山の穂見神社を中之社、
当社が、上之社という構成で、上=笠なのだそうだ。
また、当社特殊神事の「笠宿り」から、もと笠屋神社ではないかと考えられている。

新羅三郎義光の祈願所でもあり、その霊を祀って義光明神とも呼ばれるらしい。

国道沿いにあるためか、埃っぽい印象の境内だった。
雨の日や早朝には、違う顔を見ることができるのだろうが。


鳥居

神門

拝殿

神楽殿

社務所? 参籠所?

参道と社号標

本殿見えず

屋根瓦の諏訪梶

延喜式所載の笠屋神社と伝い往古宿りの神事ありしによる。 一説には駒井村の当麻戸神社を下の社、穴山村の穂見神社を中の社、 当社を上の社(笠屋)と称したとも云う。
当社は新羅三郎義光及び黒源太清光の祈願所なり、 御朱印社領3石4斗社中にその霊を祀り義光明神という、 神社後山上に巨石(宿借石)あり、大石神社ともいう、本殿内に貞享5年9月28日建立の棟札がある。
特殊神事として申歳と寅歳の7年目に御柱祭を行い、御柱二本を境内に建立す、里曳きには氏子の男女老若を問わず奉仕し、盛大に執り行われる。

−『平成祭データ』−


諏訪神社 旧郷社
祭神名建御名方命
鎮座地須玉町字小林三二八二番地
例祭日十月五日、祈年祭五月五日
特殊神事申歳と寅歳の七年目毎に御柱祭
御由緒 延喜式所載の笠屋神社なり。往古 笠宿りの神事ありしに因り起る。又一説に穴山 村に穂見神社あり之を中之社と称し、駒井村に 当麻戸神社(尾比礼社)あり之を下之社と称す
当社笠屋の笠は上之社の意なり。当社は新羅 三郎義光及び武田の武将黒源田清光の祈願所な りとの由。御朱印領三石四斗、社中に其の霊 を祀り、義光明神と云う。又祠後大岩の上に圭 角の巨石あり、大石神社とも云う。明治六年郷 社に列し、同四十一年御崎神社を合祀す。現在 の本殿は貞享五年九月二十八日の建立なり。

−社前案内板−



最終更新日:2014/08/15
【 諏訪神社 (北杜市須玉町) 】

ボーダー




甲信越地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
甲州市
甲斐市
甲府市
山梨市
西八代郡 市川三郷町
中央市
笛吹市
南アルプス市
南巨摩郡 富士川町
南都留郡 富士河口湖町
韮崎市
北杜市

安曇野市
塩尻市
下伊那郡 阿智村
下伊那郡 阿南町
下伊那郡 下條村
下高井郡 山ノ内町
下高井郡 木島平村
下高井郡 野沢温泉村
下水内郡 栄村
茅野市
佐久市
小県郡 青木村
小県郡 長和町
松本市
上伊那郡 辰野町
上高井郡 高山村
上高井郡 小布施町
上水内郡 小川村
上田市
埴科郡 坂城町
諏訪郡 下諏訪町
諏訪郡 富士見町
諏訪市
須坂市
千曲市
大町市
中野市
長野市
東御市
東筑摩郡 生坂村
南佐久郡 小海町
南佐久郡 南相木村
飯山市
北安曇郡 池田町
北佐久郡 軽井沢町
北佐久郡 立科町
木曽郡 王滝村
木曽郡 木曽町

阿賀野市
加茂市
魚沼市
見附市
五泉市
佐渡市
三条市
三島郡 出雲崎町
糸魚川市
小千谷市
上越市
新潟市 北区
新潟市 東区
新潟市 中央区
新潟市 秋葉区
新潟市 西区
新発田市
西蒲原郡 弥彦村
村上市
胎内市
長岡市
南蒲原郡 田上町
南魚沼郡 湯沢町
南魚沼市
柏崎市
妙高市