HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [甲信越地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


諏訪神社
すわじんじゃ
[長野旅行] 長野県佐久市大字横根字十二平1154  Zenrin Data Com Maps display !!


立梶の葉


横木瓜

旧郷社

御祭神
御穗須須美命

長野県佐久市にある。
佐久平駅の北東4.5Kmほどの横根に鎮座。
156線を東へ進み、上越道を通過して1Kmほどで西へ入る。
156号線と湯川の中間あたりに境内がある。

境内入口は道路に面して西向き。
数段の階段を上ると「郷社諏訪神社」と刻まれた社号標と鳥居。
鳥居をくぐり少し進むと、参道は左手に折れ、そこにも鳥居。
そこから参道を北上すると、参道右手に横根児童遊園。正面に社殿がある。

社殿の前にも鳥居が立っており、奥に切妻造の拝殿。
拝殿の後方の本殿は覆屋根の下にあり、横から見ると流造だとわかる。

鬱蒼というほどではないが、参道には太い木々が立ち、
木々や参道、石碑などはほどよく苔生した静かな神社。

そのため参道脇にいくつか立っている石碑はよく読めなかった。

創祀年代は不詳。
口碑によると後鳥羽天皇文治元年(1185)の創祀。
一説には建久年中(1190−1199)の創祀であるとも。

当時、十二大明神と称され、小柴の仮屋に奉斎されていたが、
後、守護職小笠原長清の一子・横根法眼という者がこの地に来て、
当社の霊験に感じ、祭祀の中絶を憂いて、建久年中に石祠に改造し拝殿を建立したという。

後、東山天皇元禄三年(1690)社殿を改修。
嘉永六年(1853)規模を拡張し、明治六年郷社に列した。
明治三十三年、諏訪大社より、古代の分社である縁故により神宝の分与を受けたという。

祭神は御穗須須美命
『出雲風土記』に所造天下大神と奴奈宜波比売命との子とある神で、
建御名方神と同じ神だと考えられている。

鎮座地の小字が十二平といい、昔は十二大明神と呼ばれていたというのはどういう意味だろう。
訪神の御子神は一般に十三柱と考えられており、
諏訪近辺では、建御名方神と妃・八坂刀賣神を合わせて十五社という社が多いのだが。
十二所権現とも呼ばれる熊野と何か関係があるのだろうか。

拝殿の屋根瓦に梶紋が付けられていたが、手水鉢には横木瓜紋が刻まれていた。
諏訪神社なので梶紋が当社の神紋だと思うが、確認出来なかったので両方の紋を載せておく。


社頭

社号標と鳥居

参道と鳥居

参道

境内

拝殿

拝殿

本殿覆屋根

流造本殿


最終更新日:2014/04/08
【 諏訪神社 (佐久市横根) 】

ボーダー




甲信越地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
甲州市
甲斐市
甲府市
山梨市
西八代郡 市川三郷町
中央市
笛吹市
南アルプス市
南巨摩郡 富士川町
南都留郡 富士河口湖町
韮崎市
北杜市

安曇野市
塩尻市
下伊那郡 阿智村
下伊那郡 阿南町
下伊那郡 下條村
下高井郡 山ノ内町
下高井郡 木島平村
下高井郡 野沢温泉村
下水内郡 栄村
茅野市
佐久市
小県郡 青木村
小県郡 長和町
松本市
上伊那郡 辰野町
上高井郡 高山村
上高井郡 小布施町
上水内郡 小川村
上田市
埴科郡 坂城町
諏訪郡 下諏訪町
諏訪郡 富士見町
諏訪市
須坂市
千曲市
大町市
中野市
長野市
東御市
東筑摩郡 生坂村
南佐久郡 小海町
南佐久郡 南相木村
飯山市
北安曇郡 池田町
北佐久郡 軽井沢町
北佐久郡 立科町
木曽郡 王滝村
木曽郡 木曽町

阿賀野市
加茂市
魚沼市
見附市
五泉市
佐渡市
三条市
三島郡 出雲崎町
糸魚川市
小千谷市
上越市
新潟市 北区
新潟市 東区
新潟市 中央区
新潟市 秋葉区
新潟市 西区
新発田市
西蒲原郡 弥彦村
村上市
胎内市
長岡市
南蒲原郡 田上町
南魚沼郡 湯沢町
南魚沼市
柏崎市
妙高市