HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [甲信越地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


小川神社
おがわじんじゃ
[長野旅行] 長野県上水内郡小川村大字瀬戸川18314  Zenrin Data Com Maps display !!


立梶の葉

式内社 信濃國水内郡 小川神社
旧村社

御祭神
健御名方命 配祀 事代主命

長野県の小川村にある。
小川村役場から北西へ7Kmほどの瀬戸川に鎮座。
31号線から、土尻川の支流・小川川に沿って
村道を5Kmほど進むと、小川川の水源近くに
小川川に面して境内がある。

鎮座地の字を澤宮といい、沢ノ宮小川神社とも表記されているようだ。

石の垣に囲まれた境内に入ると
両部鳥居が建っており、鳥居をくぐり、
階段を上ると、社殿のある境内。

境内は、雑草が生い茂っている状態ではなく、
綺麗に刈り揃えられたような緑に覆われていた。
一見、芝生? と思ったが、
こんな山奥なので、芝生ではないだろう。
定期的に手入れをされているのだろう。

境内奥に社殿。
案内によると本殿は、こけら葺流造のようだが
社殿後方の覆屋の中にあるようで、確認できなかった。

参拝は5月の曇天の朝。

創祀年代は不祥。

式内社・小川神社に比定されている古社。
小根山の同名社を里宮、当社は奥宮と考えられるが、
現在、それぞれの小川神社は独立した神社となっている。

明治六年四月、村社に列し、
明治四十一年七月九日、明賀の秋葉神社、兎平の三峯神社が、
九月二十四日、奈良尾の神明社、芋の沢の八幡宮が
境内社として、移転遷座された。

社殿の右斜め前に境内社が4つ。
右から、秋葉神社、三峯神社、神明社、八幡宮。

神紋は梶紋。


社頭

鳥居

階段上から

境内

社殿

社殿と境内社

社殿

村指定文化財
延喜式内 小川神社

由緒
当社は「延喜式」神明帳(九
〇七)に記載さる水内郡式内
社九社の一つなり、当地草創
は不詳なるも一四六一年(寛
正二)九月古山城主小川左衛
門によって再建 現在に至る

一、本殿
流造、こけら葺、側面の木彫
間口一間一尺 奥行一間
一九七一年(昭和二十六年)指定

一、大杉
樹高目測 四十五米
周囲 七、五米
一九七九年(昭和五十四)

−境内石碑−
年号が正しくないが、そのまま掲載



最終更新日:2015/02/18
【 小川神社 (小川村瀬戸川) 】

ボーダー




甲信越地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
甲州市
甲斐市
甲府市
山梨市
西八代郡 市川三郷町
中央市
笛吹市
南アルプス市
南巨摩郡 富士川町
南都留郡 富士河口湖町
韮崎市
北杜市

安曇野市
塩尻市
下伊那郡 阿智村
下伊那郡 阿南町
下伊那郡 下條村
下高井郡 山ノ内町
下高井郡 木島平村
下高井郡 野沢温泉村
下水内郡 栄村
茅野市
佐久市
小県郡 青木村
小県郡 長和町
松本市
上伊那郡 辰野町
上高井郡 高山村
上高井郡 小布施町
上水内郡 小川村
上田市
埴科郡 坂城町
諏訪郡 下諏訪町
諏訪郡 富士見町
諏訪市
須坂市
千曲市
大町市
中野市
長野市
東御市
東筑摩郡 生坂村
南佐久郡 小海町
南佐久郡 南相木村
飯山市
北安曇郡 池田町
北佐久郡 軽井沢町
北佐久郡 立科町
木曽郡 王滝村
木曽郡 木曽町

阿賀野市
加茂市
魚沼市
見附市
五泉市
佐渡市
三条市
三島郡 出雲崎町
糸魚川市
小千谷市
上越市
新潟市 北区
新潟市 東区
新潟市 中央区
新潟市 秋葉区
新潟市 西区
新発田市
西蒲原郡 弥彦村
村上市
胎内市
長岡市
南蒲原郡 田上町
南魚沼郡 湯沢町
南魚沼市
柏崎市
妙高市