HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [甲信越地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


馬脊社
ませしゃ
[長野旅行] 長野県下高井郡山ノ内町大字夜間瀬字天王1702  Zenrin Data Com Maps display !!

式外社 馬背神 三代実録
旧無格社

御祭神
素盞嗚命

長野県山ノ内町にある。
長野電鉄の夜間瀬(よませ)駅から北東へ3.5Kmほどのよませスキー場に鎮座。

当初、資料に記載されていた住所(上記)から地図を探すが見当たらず、
住宅地図にも記載がなく、仕方がないので山ノ内町役場へメールで問い合わせたところ、
該当の住所は、よませスキー場近辺らしいという情報をいただいたので訪れてみた。
車でグルッとスキー場内を周回してみたがそれらしきものが発見できず、
ロッジで作業している方に聞いてようやく到着。

スキー場のホテルやロッジが集まっている場所の西の端。
道路脇に「馬脊社参道入口」と書かれた、消えかけた標柱があり、
そこから細い山道を一直線に登って行くと、二本の木に注連縄をした場所に到着。
その奥に石の祠が一つあるだけの簡素な神社。

参道の長さは200mほどだと思うが、よく覚えていない。
運動不足の身体なので、疲れないようにゆっくり登り、
また、熊との遭遇も注意しながら、何度も休み辺りを警戒しながら登ったので、距離はわからない。

当社の創祀年代や由緒に関しては未確認。

『明治神社誌料』の上田市に鎮座している馬背神社の記述の中に、
神祇志料に「馬背神○按信濃地名考高井郡夜間瀬郷あり、馬背夜間瀬音相近し、
疑らくは馬背神盖此地にあらむ、しばらく附て考にそなふ云々」とあり、
式外社(国史見在社)である馬背神に関して、上田市の馬背神社の他に
夜間瀬の当社も候補とする説があるようだ。

馬背神に関しては、『三代実録』貞観二年(860)二月五日に
「信濃國正六位上馬背神。飄別神。妻科地神。无位駒弓神。出速雄神並授從五位下。」とあり、
さらに、貞観七年(865)三月二十三日には「授信濃國從五位下馬背神從四位下。」、
貞観九年(867)三月十一日には「從四位上馬背神從三位。」と神階を授かった記録のある古社である。


馬背社参道入口

標柱

参道

参道

境内






最終更新日:2014/11/29
【 馬脊社 馬背社 (山ノ内町) 】

ボーダー




甲信越地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
甲州市
甲斐市
甲府市
山梨市
西八代郡 市川三郷町
中央市
笛吹市
南アルプス市
南巨摩郡 富士川町
南都留郡 富士河口湖町
韮崎市
北杜市

安曇野市
塩尻市
下伊那郡 阿智村
下伊那郡 阿南町
下伊那郡 下條村
下高井郡 山ノ内町
下高井郡 木島平村
下高井郡 野沢温泉村
下水内郡 栄村
茅野市
佐久市
小県郡 青木村
小県郡 長和町
松本市
上伊那郡 辰野町
上高井郡 高山村
上高井郡 小布施町
上水内郡 小川村
上田市
埴科郡 坂城町
諏訪郡 下諏訪町
諏訪郡 富士見町
諏訪市
須坂市
千曲市
大町市
中野市
長野市
東御市
東筑摩郡 生坂村
南佐久郡 小海町
南佐久郡 南相木村
飯山市
北安曇郡 池田町
北佐久郡 軽井沢町
北佐久郡 立科町
木曽郡 王滝村
木曽郡 木曽町

阿賀野市
加茂市
魚沼市
見附市
五泉市
佐渡市
三条市
三島郡 出雲崎町
糸魚川市
小千谷市
上越市
新潟市 北区
新潟市 東区
新潟市 中央区
新潟市 秋葉区
新潟市 西区
新発田市
西蒲原郡 弥彦村
村上市
胎内市
長岡市
南蒲原郡 田上町
南魚沼郡 湯沢町
南魚沼市
柏崎市
妙高市