HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [甲信越地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


坂折天神社
さかおりてんじんじゃ
[山梨旅行] 山梨県笛吹市御坂町竹居4837  Zenrin Data Com Maps display !!


梅鉢


御祭神
日本武尊

山梨県笛吹市にある。
中央本線・石和温泉駅の南8Kmほどの御坂町竹居に鎮座。
言葉では道順を説明できないけど、地図を見ながらなんとか到着したのは夕方近くだった。

畑に面して南西向きに社域の杜。集落のはずれにある鎮守の森。そんな境内。
鳥居の左手に「日本武尊御舊蹟 坂折天神社」と刻まれた社号標。鳥居の奥には立石。

当社の正式名は天神社。
日本武尊が東国征討の帰路に立ち寄った酒折宮の旧跡であるという伝承があり、
「坂折天神社」と呼ばれているのだろう。

鳥居をくぐり境内に入ると二基の灯籠と社殿。
社殿の左手には埴山姫命と秋葉大神の石碑。
他にも丸石や石祠などがいくつか。

当社の創祀年代・由緒等は不明。

『古事記』に倭建命の東国征討の帰路、
「すなはちその国より越えて甲斐に出でまして、酒折宮に坐しし時、歌曰ひたまはく、
新治 筑波を過ぎて 幾夜か寝つる
とうたひたまひき。ここにその御火焼の老人、御歌に続ぎて歌ひて曰はく、
日日並べて 夜には九夜 日には十日を
とうたひき。ここを以ちてその老人を誉めて、即ち東国造を給ひき。」
とあり、『日本書紀』にも同様の記述がある。
その酒折宮は一般には、甲府市の酒折宮のこととされているが、
当社の鎮座地こそ、若彦路に沿う「酒折」であるという異説があるらしく、
また、鎮座地の竹居は「タケル」が住まわれたところから名付けられたという。

境内の石燈篭に梅鉢らしき彫刻があった。
天神社なので天満宮の梅紋が神紋として使われているのだろうか。


「日本武尊御舊蹟 坂折天神社」

鳥居

境内

埴山姫命・秋葉大神

社殿


最終更新日:2014/05/18
【 坂折天神社 (笛吹市) 】

ボーダー




甲信越地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
甲州市
甲斐市
甲府市
山梨市
西八代郡 市川三郷町
中央市
笛吹市
南アルプス市
南巨摩郡 富士川町
南都留郡 富士河口湖町
韮崎市
北杜市

安曇野市
塩尻市
下伊那郡 阿智村
下伊那郡 阿南町
下伊那郡 下條村
下高井郡 山ノ内町
下高井郡 木島平村
下高井郡 野沢温泉村
下水内郡 栄村
茅野市
佐久市
小県郡 青木村
小県郡 長和町
松本市
上伊那郡 辰野町
上高井郡 高山村
上高井郡 小布施町
上水内郡 小川村
上田市
埴科郡 坂城町
諏訪郡 下諏訪町
諏訪郡 富士見町
諏訪市
須坂市
千曲市
大町市
中野市
長野市
東御市
東筑摩郡 生坂村
南佐久郡 小海町
南佐久郡 南相木村
飯山市
北安曇郡 池田町
北佐久郡 軽井沢町
北佐久郡 立科町
木曽郡 王滝村
木曽郡 木曽町

阿賀野市
加茂市
魚沼市
見附市
五泉市
佐渡市
三条市
三島郡 出雲崎町
糸魚川市
小千谷市
上越市
新潟市 北区
新潟市 東区
新潟市 中央区
新潟市 秋葉区
新潟市 西区
新発田市
西蒲原郡 弥彦村
村上市
胎内市
長岡市
南蒲原郡 田上町
南魚沼郡 湯沢町
南魚沼市
柏崎市
妙高市