HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [甲信越地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


玉諸神社
たまもろじんじゃ
[山梨旅行] 山梨県甲州市塩山竹森3048  Zenrin Data Com Maps display !!


丸に三つ輪違い

式内社 甲斐國山梨郡 玉諸神社
旧郷社

御祭神
天羽明玉命

天明玉命 『神社明細帳』
玉屋命 『名勝志』

山梨県甲州市にある。
塩山駅から北へ、3Kmほど。玉宮小学校の北隣に南向きに鎮座。
玉宮小学校の南側には、ポツンと鳥居がある。
かつての境内は、かなりの広さだったのだろう、と思う。

道路の東側に、高い木の杜。
数段の階段を上がり、神門をくぐって、境内へ。
拝殿後方の本殿の左右に、境内社があるが詳細は不明。

境内には青面金剛の庚申石碑や、木の洞など、
じっくり見ていても飽きない、とも思う。

創祀年代は不詳。
御神体は2mほどの水晶の塊で、玉類信仰の神社。
扇山(別名竹森山、水晶山)中腹にある奥宮本殿の地下に
地中から生えるよう突き出ていたその水晶は、
盗難にあって、今は存在しないらしい。

それが、理由と言うわけではないが、奥宮へ、行き忘れてしまった。
周囲を山に囲まれた社域で、晩秋の景色を眺めながら、
シミジミとしていて、すっかり満足してしまったのだ。

祭神は諸説あるようだが、何れも玉に関する神々。
水晶そのものを祀っているので、どなた様でも良いといえば良い。

社殿には輪違い紋が付いていた。
これも玉を象徴したものだろうか。


道路脇の鳥居

鳥居奥に石祠

社域

鳥居

蚕影山

庚申塔

神門

拝殿

本殿左の境内社

本殿

本殿右の境内社

玉諸神社
 当社は、延喜式内社 玉諸神社と称し、そ の創建勧請の年代は詳かではないが、祭神は 天羽明玉命(天の岩戸の変の時、真榊の枝 にかけた 八坂瓊五百箇御統玉を造った神で ある)。
 社記(天平十八年宮司綱蔵式部正記)に よれば
 「当社は、往古より、当地の鎮守として、 代々御朱印、御墨付を頂戴し 醍醐天皇延長 五年延喜式神名簿に登録され、御身体は水晶 の玉石で、高さ七尺余 上六角、大さ六尺 八寸余りあり、甲斐源氏の祖 新羅三郎義光 公造営以来 幾代かに亘り造営 言々  以来地名の由来 神事等につき記録されて いる。代表的な神事として十一月十四日( 現在は十月十四日)鳥乞の神事が現在も伝承 されている又社記には武田信重の次の二首が 記されている。
 神垣にかゞやく玉の光をぞ身の行末かけてたのまん
 あとたれし神の恵みも世にしるく玉の光の数もそへゆく
 なお 竹森山(通称水晶山)中腹に奥の宮 玉宮大明神が祀られている。

−境内案内板−



最終更新日:2013/10/09
【 玉諸神社 (甲州市) 】

ボーダー




甲信越地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
甲州市
甲斐市
甲府市
山梨市
西八代郡 市川三郷町
中央市
笛吹市
南アルプス市
南巨摩郡 富士川町
南都留郡 富士河口湖町
韮崎市
北杜市

安曇野市
塩尻市
下伊那郡 阿智村
下伊那郡 阿南町
下伊那郡 下條村
下高井郡 山ノ内町
下高井郡 木島平村
下高井郡 野沢温泉村
下水内郡 栄村
茅野市
佐久市
小県郡 青木村
小県郡 長和町
松本市
上伊那郡 辰野町
上高井郡 高山村
上高井郡 小布施町
上水内郡 小川村
上田市
埴科郡 坂城町
諏訪郡 下諏訪町
諏訪郡 富士見町
諏訪市
須坂市
千曲市
大町市
中野市
長野市
東御市
東筑摩郡 生坂村
南佐久郡 小海町
南佐久郡 南相木村
飯山市
北安曇郡 池田町
北佐久郡 軽井沢町
北佐久郡 立科町
木曽郡 王滝村
木曽郡 木曽町

阿賀野市
加茂市
魚沼市
見附市
五泉市
佐渡市
三条市
三島郡 出雲崎町
糸魚川市
小千谷市
上越市
新潟市 北区
新潟市 東区
新潟市 中央区
新潟市 秋葉区
新潟市 西区
新発田市
西蒲原郡 弥彦村
村上市
胎内市
長岡市
南蒲原郡 田上町
南魚沼郡 湯沢町
南魚沼市
柏崎市
妙高市