HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [甲信越地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


波閇科神社
はべしなじんじゃ
[長野旅行] 長野県千曲市大字上山田3503−イ  Zenrin Data Com Maps display !!


五三の桐


十六菊


三つ巴

式内社 信濃國更級郡 波閇科神社
旧郷社

御祭神
天照大神 配祀 豊受大神 日本武尊

長野県千曲市(旧上山田町)にある。
戸倉上山田駅から南西に3Kmほど。
千曲川を越え、上山田温泉から、少し西へ上った道の奥に鎮座。

境内入口には、立派な鳥居が立ち、
木々の参道を抜けると広い境内。
正面に赤い屋根の社殿があり、後方、覆屋の中に神明造の本殿が建つ。

なだらかな丘の麓に境内があり、
丘を登る道の途中に、幾つかの境内社がある。
宇佐八幡社・蚕神社・住吉社・金刃比羅社・天神社・稲荷社。
その道を登っていくと、城泉山観音寺があるらしい。

丘の上から見下ろす町並みと千曲川、遠くに連なる山並み。
陽射しを浴びて、明るい境内と、雲ひとつない青い空。
気持ちの良い晴天の日の参拝だった。

創祀年代は不詳。
式内社・波閇科神社に比定されている古社。

正徳二年(1712)検地帳には、百社大明神と記されているが、
天明二年(1782)波閇科神社と改称を許された。
今でも社殿には「百科大神宮」と書かれた扁額がある。

太古、日本武尊が当地の「波閇科(ハベシナ)の峠」を越えられた時、
天照大神を勧請したのが初めという。
ハベ=蔓、シナ=坂の意味で、蔓のように曲がりくねった坂の意味。
当地では、「四十八曲坂」というらしい。
往古は、その波閇科峠に鎮座、その後、現在地に遷座したという。

社殿の赤い屋根に、金色の三つ巴の紋が2つ。
ただし、社殿の幕には桐紋と菊紋が付いていた。


鳥居

参道

境内社殿

本殿

本殿

境内右手の丘に境内社が散在

御神木

宇佐八幡社

天神社

住吉社

蚕神社

金刀比羅社

稲荷社

境内から参道

上山田町指定文化財
波閇科神社本殿
昭和五十九年三月三十日指定
波閇科神社は、延長五年(九二七)制定さ れた延喜式の神名帳に登載されてい る古社である。
本社の祭神は天照大神で、相殿に豊受大神日本武尊を奉祀している。
本殿奥の神殿は覆屋の中にあって、 切妻平入の三間二面で、柱は円柱で 正面中央に両開き板扉をつり、他の 三方を横板張りとする。屋根は萱葺 きとし、妻側両側に棟持柱を立て棟 木を支え、妻の破風板が伸びて千木 となり、屋根妻に鞭懸四本づゝを出 した神明造り形式の社殿である。
千木は外そぎで、棟上に勝男木をの せていて、伊勢皇太神宮の社殿形式 をとっている。
覆屋=神殿をおほっている建物
鞭懸=神明造りの破風板からつき出した材木

−境内案内−



最終更新日:2013/10/09
【 波閇科神社 (千曲市) 】

ボーダー




甲信越地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
甲州市
甲斐市
甲府市
山梨市
西八代郡 市川三郷町
中央市
笛吹市
南アルプス市
南巨摩郡 富士川町
南都留郡 富士河口湖町
韮崎市
北杜市

安曇野市
塩尻市
下伊那郡 阿智村
下伊那郡 阿南町
下伊那郡 下條村
下高井郡 山ノ内町
下高井郡 木島平村
下高井郡 野沢温泉村
下水内郡 栄村
茅野市
佐久市
小県郡 青木村
小県郡 長和町
松本市
上伊那郡 辰野町
上高井郡 高山村
上高井郡 小布施町
上水内郡 小川村
上田市
埴科郡 坂城町
諏訪郡 下諏訪町
諏訪郡 富士見町
諏訪市
須坂市
千曲市
大町市
中野市
長野市
東御市
東筑摩郡 生坂村
南佐久郡 小海町
南佐久郡 南相木村
飯山市
北安曇郡 池田町
北佐久郡 軽井沢町
北佐久郡 立科町
木曽郡 王滝村
木曽郡 木曽町

阿賀野市
加茂市
魚沼市
見附市
五泉市
佐渡市
三条市
三島郡 出雲崎町
糸魚川市
小千谷市
上越市
新潟市 北区
新潟市 東区
新潟市 中央区
新潟市 秋葉区
新潟市 西区
新発田市
西蒲原郡 弥彦村
村上市
胎内市
長岡市
南蒲原郡 田上町
南魚沼郡 湯沢町
南魚沼市
柏崎市
妙高市