HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [甲信越地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


諏訪神社 中社
すわじんじゃ なかしゃ
[山梨旅行] 山梨県北杜市白州町大武川98−1  Zenrin Data Com Maps display !!


諏訪梶

旧村社

御祭神
建御名方命

山梨県北杜市にある。
中央本線の富士見駅の南5Kmほどの大武川に鎮座。
20号線を南下し、立場川が釜無川と合流するあたり、
長野県と山梨県の県境でもある釜無川を渡って山梨に入り西へ。
大武川の西端に当社の境内がある。

境内入口は東向き。
境内の周囲には動物除けの高いネットで囲まれていた。
入口のネットのフックをはずして入ると正面に鳥居。
鳥居の扁額には「諏訪神社中社」と書かれていたので、
当社の正式名は「諏訪神社」だが、当サイトでは諏訪神社中社としておく。

鳥居をくぐると広い境内。
境内の西隅に北向きの社殿がある。
拝殿は流造。後方の本殿は、たぶん覆屋の中に納められているのだろう。

当社一体は石灰岩地で、当社の社叢は石灰岩地帯特有の植物が群生し、
山梨県指定天然記念物となっている。

往古、建御名方命が出雲国よりこの地にいたり、武甕槌命と和議を結んだと伝えられ、
崇神天皇の御宇、建沼川別命東征の功によって、本州西辺の地に封ぜられ、
その孫大臣命、諏訪国造に任ぜられた時、この地に廟を建てたという。
よって、当地を大武川と呼ぶ。

成務天皇の御宇、日本第一大軍神の神位を授けられ、
徳川家康より御朱印神領一石二斗五升を寄進された。

境内の案内板によると、
諏訪武井祝の日記に諏訪明神、上ノ社、下ノ社のほかに当社を加えて
三カ所の諏訪方と称し、当社は中ノ社にあたるとある。

境内の中央付近、御神木らしき木の根元に石碑が祀られていた。
石碑に刻まれている文字は「三海宮」と読むのだろうか。
また、本殿の右手、西側には幾つかの石祠や道祖神が並んでいる。

拝殿に諏訪梶の彫刻があったが、神紋かどうかは未確認。


社頭

鳥居

扁額に諏訪神社中社

境内

社殿

本殿覆屋

石碑

石祠や道祖神

諏訪神社 鎮座地 大武川
祭神 建御名方命
由緒 往古建御名方命、出雲國よりこの地に来たりて武甕 槌命と平和の誓いをなされたと伝えられる。
諏訪武井祝の日記に諏訪明神 上ノ社 下ノ社 外ニ本祠ヲ加へて三箇所ノ諏訪方ト称シ中ノ社ト記セリ
境内末社 道祖神外4社

−境内説明文−



最終更新日:2014/07/21
【 諏訪神社中社 (北杜市大武川) 】

ボーダー




甲信越地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
甲州市
甲斐市
甲府市
山梨市
西八代郡 市川三郷町
中央市
笛吹市
南アルプス市
南巨摩郡 富士川町
南都留郡 富士河口湖町
韮崎市
北杜市

安曇野市
塩尻市
下伊那郡 阿智村
下伊那郡 阿南町
下伊那郡 下條村
下高井郡 山ノ内町
下高井郡 木島平村
下高井郡 野沢温泉村
下水内郡 栄村
茅野市
佐久市
小県郡 青木村
小県郡 長和町
松本市
上伊那郡 辰野町
上高井郡 高山村
上高井郡 小布施町
上水内郡 小川村
上田市
埴科郡 坂城町
諏訪郡 下諏訪町
諏訪郡 富士見町
諏訪市
須坂市
千曲市
大町市
中野市
長野市
東御市
東筑摩郡 生坂村
南佐久郡 小海町
南佐久郡 南相木村
飯山市
北安曇郡 池田町
北佐久郡 軽井沢町
北佐久郡 立科町
木曽郡 王滝村
木曽郡 木曽町

阿賀野市
加茂市
魚沼市
見附市
五泉市
佐渡市
三条市
三島郡 出雲崎町
糸魚川市
小千谷市
上越市
新潟市 北区
新潟市 東区
新潟市 中央区
新潟市 秋葉区
新潟市 西区
新発田市
西蒲原郡 弥彦村
村上市
胎内市
長岡市
南蒲原郡 田上町
南魚沼郡 湯沢町
南魚沼市
柏崎市
妙高市