HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北陸地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


越中白山総社
えっちゅうはくさんそうじゃ
[富山旅行] 富山県富山市中野新町2−1−33  Zenrin Data Com Maps display !!


輪宝

旧郷社

御祭神
菊理姫大神

富山県富山市にある。
富山駅の南2Kmほどの中野新町に鎮座。
社前を南北に走る43号線には、路面電車(富山市内軌道線)の線路も走っており、
境内入口は43号線に面して西向き。

境内入口に「郷社白山神社」と刻まれた社号標が立っており、
『明治神社誌料』にも「白山神社」とあるが、
『富山県神社誌』には「越中白山総社」と記され、
境内の由緒書きでは昭和二十二年に改称されたとある。

鳥居をくぐり参道を東に進むと、もう一つの鳥居。
その鳥居をくぐると左手に手水舎があり、正面に社殿。
拝殿は瓦葺入母屋造で、後方の本殿はコンクリートの覆屋の中。
拝殿の前には、宝来石鍋は置かれている。

明治十年、富山市内でコレラが大流行した時、当社の氏子には病人が出なかった。
この御神徳に氏子達は宝来山(曳山)を曳いて感謝していたが、明治三十二年の大火で焼失。
昭和三年、御大典の時に再現されたが、戦災で焼失。
宝来山を後世に伝えるために奉納された石鍋らしい。
病気には霊験があるが、火災には弱かったのだろうか。石鍋なら火災にも安心だ。

創祀年代は不詳。再三の炎上により古記録も残っていないらしいが、
往古、新川郡太田の保、布市村に勧請され、
後醍醐天皇延元年間(1336〜1340)には白山妙理大権現と称されていたという。

その後、中野の古宮の地に奉遷し白山比咩社と称し、
正親町天皇元亀二年(1571)現在の中野新町に遷座した。

天文元年(1532)、越中の士族水越越前守勝重が富山城を築城以来、
神保氏、佐々氏の崇敬篤く、慶長十年前田利長公が富山城に入城するや、
城南福門の守護神として崇敬された神社。
「越中白山総社」の社名から、越中國の白山神社の元締め的神社だったのだろうと連想される。

萬治年間(1658〜1661)の富山最古の地図には富山三権現の一社として描かれていた。

享保十七年(1732)本殿、拝殿を造営。明治十四年八月郷社に列せられた。

狛犬の台座や社殿の屋根、拝殿の提灯などに輪宝紋が付けられていた。
当社の神紋は輪宝紋なのだろう。神仏混淆の名残りだろうか。


社頭

手水舎

境内の鳥居

境内

拝殿

宝来石鍋

境内社殿

本殿覆屋

拝殿

狛犬台座に神紋「輪宝」

提灯に神紋「輪宝」


最終更新日:2014/05/22
【 越中白山総社 (富山市) 】

ボーダー




北陸地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
下新川郡 朝日町
下新川郡 入善町
滑川市
魚津市
高岡市
黒部市
射水市
小矢部市
中新川郡 上市町
中新川郡 立山町
砺波市
南砺市
氷見市
富山市

かほく市
羽咋郡 志賀町
羽咋郡 宝達志水町
羽咋市
加賀市
金沢市
鹿島郡 中能登町
七尾市
珠洲市
小松市
能美市
白山市
鳳珠郡 穴水町
鳳珠郡 能登町
輪島市

あわら市
おおい町
越前市
吉田郡 永平寺町
今立郡 池田町
坂井市
鯖江市
三方郡 美浜町
三方上中郡 若狭町
小浜市
大飯郡 高浜町
大野市
丹生郡 越前町
敦賀市
南条郡 南越前町
福井市