HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北陸地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


刀何理神社
とかりじんじゃ
[石川旅行] 石川県小松市矢田町レ−50  Zenrin Data Com Maps display !!


加賀梅鉢

式内社 加賀國江沼郡 刀何理神社
旧村社

御祭神
菊理媛神 応神天皇

小松市矢田町。
北陸本線粟津駅から、線路沿い南西へ約2km歩く。
しばらく歩くと道路左手に、こんもりとした森が見える。
一面、雪で真白の水田地帯に、黒く浮んだ神域


雪の中の黒い森

当地は、昭和30年に小松市に合併されるまで、
月津村と呼ばれていた。

創祀年代は不詳。

刀何理神社は、元現社地の北東800mの場所にあったが、
明治39年、現在地にあった普久良神社に合祀され、
刀何理神社と称するようになった。
祭神の菊理媛神は、その普久良神社の祭神だ。
普久良神社は、もと白山社と称していたが、
明治11年、普久良神社と改称した。

「式内社の研究」では、「刀何理」は「鳥狩」の訛りとあるが。

ちなみに、元の刀何理神社は、無格社だった。
古社地には、何も残っていない。


黒い社叢の中は、以外に明るい境内だった。
社殿も新しく、説明の石版も整備されている。

神紋は、加賀梅鉢。境内にある馬の像や鳥居に鮮やか。

また、力比べに用いられる「磐持石」が並んでおり、
大きさによって、五斗石・六斗石・七斗石とある。


鳥居

境内

境内

神馬像

拝殿

社号標

本殿

境内に石祠

社殿

磐持石

刀何理神社の由来
祭神 菊理媛神 応神天皇
由緒
 創立年月不詳 古く江沼八郷の一 つで八田郷と呼ばれていた 遠く仁徳天皇の八田皇后の御名代として 矢田 連のいた地方であった
 延喜式内社として神名帳に記載され た(九〇八年)初め白山社(福羅の宮 )といったが 明治十一年九月普久 良神社と改める
 明治三十九年十一月(一九〇六年) 無格社刀何理神社を合祀し刀何理神社 と改称する 明治四十一年四月八日神 饌幣帛料の供進神社に指定村社となる
 明治五年十月(一八七二年)に那谷 村より旧拝殿を移築する 大正六年七 月に幣殿の修復工事もせられた その 後社殿の老朽化がすすむと共に改築の 気運高まり 氏子並びに縁故者を始め 篤志家各位の物心両面にわたる温かい 援助により新社殿をめでたく造営 昭 和六十一年十月十日慶賀祭を行ない氏 子をあげて完成を慶祝する

−境内案内−



最終更新日:2013/10/09
【 刀何理神社 】

ボーダー




北陸地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
下新川郡 朝日町
下新川郡 入善町
滑川市
魚津市
高岡市
黒部市
射水市
小矢部市
中新川郡 上市町
中新川郡 立山町
砺波市
南砺市
氷見市
富山市

かほく市
羽咋郡 志賀町
羽咋郡 宝達志水町
羽咋市
加賀市
金沢市
鹿島郡 中能登町
七尾市
珠洲市
小松市
能美市
白山市
鳳珠郡 穴水町
鳳珠郡 能登町
輪島市

あわら市
おおい町
越前市
吉田郡 永平寺町
今立郡 池田町
坂井市
鯖江市
三方郡 美浜町
三方上中郡 若狭町
小浜市
大飯郡 高浜町
大野市
丹生郡 越前町
敦賀市
南条郡 南越前町
福井市