HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北陸地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


白山社
はくさんしゃ
[富山旅行] 富山県氷見市大境196  Zenrin Data Com Maps display !!


丸に違い鷹の羽

旧村社

御祭神
伊弉冉命 菊理姫命
配祀 事代主命 大國主命

富山県氷見市にある。
氷見駅の北10Kmほどの大境の港に鎮座。
富山湾を右手に見て、160号線を北上し、大境で東へ入ると、
小さな漁港の奥に鳥居が立っている。

境内入口は南西向き。
鳥居の右脇に「白山社」と刻まれた社号標。
十数段の階段を上ると神明造の拝殿があるが、
当社の特徴は、拝殿背後の洞窟。

洞窟の標高は四メートルで、約七千年前、
縄文海進期に波の浸食によって形成されたもの。
洞窟の入口は南西向き、高さ約八メートル、幅約十六メートル、
奥行き約三十四メートルあり、洞窟内に本殿がある。

大正七年(1918)六月、白山社改築のため土砂を取り除いた際に、
人骨、土器、石器等が出土し、発掘調査されて、
大正十一年(1922)に国の史跡指定を受けた。

洞窟内は、落盤によってできた六つの地層が、時代順に区別されており、
縄文時代と弥生時代のどちらが古いかを実証した貴重な遺跡らしい。
ちなみに六つの地層は以下のとおり。

第1層鎌倉・室町時代
第2層古墳時代後期 〜 奈良・平安時代
第3層弥生時代後期 〜 古墳時代前期
第4層弥生時代後期
第5層縄文時代晩期 〜 弥生時代後期
第6層縄文時代中期

本殿は、第3層の基壇の上にある。

創祀年代は不詳。
古くより、大境の産土神として崇敬された神社。

往古は、もっと北の九殿の地に奉祀されていたが、
中古、現在地に遷座されたらしい。

正徳二年(1712)書上帳および
宝暦十年(1760)社号書上帳には
大境の産土神として九殿大明神と白山宮の二宮が併記されており、
天保十四年(1843)本殿再建棟札には「白山宮、同殿九殿大明神」とあり、
事代主命大國主命が九殿大明神なのだろう。

現在の社殿は、上記の発掘調査後、
大正九年に再建されたもの。

拝殿の扉に、鷹の羽の紋が付けられていたが神紋だろうか。

境内に「明治四十年十月鰤大敷網発祥之地」と刻まれた石碑があったが、
何のことかわからない。ブリ漁の手法だろうか。


社頭

鳥居

社殿

境内社殿

洞窟内に本殿

洞窟の奥、ずっと奥に湧水があるらしい


最終更新日:2013/10/09
【 白山社 (氷見市大境) 】

ボーダー




北陸地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
下新川郡 朝日町
下新川郡 入善町
滑川市
魚津市
高岡市
黒部市
射水市
小矢部市
中新川郡 上市町
中新川郡 立山町
砺波市
南砺市
氷見市
富山市

かほく市
羽咋郡 志賀町
羽咋郡 宝達志水町
羽咋市
加賀市
金沢市
鹿島郡 中能登町
七尾市
珠洲市
小松市
能美市
白山市
鳳珠郡 穴水町
鳳珠郡 能登町
輪島市

あわら市
おおい町
越前市
吉田郡 永平寺町
今立郡 池田町
坂井市
鯖江市
三方郡 美浜町
三方上中郡 若狭町
小浜市
大飯郡 高浜町
大野市
丹生郡 越前町
敦賀市
南条郡 南越前町
福井市