HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北陸地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


須波阿津疑神社
すはあつぎじんじゃ
[福井旅行] 福井県越前市南中町6−1  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 越前國今立郡 須波阿須疑神社三座
旧村社

御祭神
保食神

福井県越前市(旧今立町)にある。
今立総合支所の東3Kmほどの南中に鎮座。
役場から北東へ1Km進み、
そこから水間川を遡って南東へ2Km。
南中の集落から北へ入ると、正面に社域の森が見える。

南向きの境内入口に鳥居が立ち、
自然石らしき社号標。
階段を上り境内に入ると、かなり暗い。
境内奥の階段上に社殿が一つあり、階段下に案内板。
案内板には、鎌倉作という木造御神像の説明があるが、
社殿内に安置されているのだろうか。

創祀年代は不詳。

天保年間に火災により、
古文書等の記録を焼失し、由緒も不明。

式内社・須波阿須疑神社の論社の一つ。

須波の社名に関しては、以下の説がある。
・諏訪社の当て字とする説。
・今立郡曾博(曾波久)郷の地名に由来するとする説。
・座摩巫五座の、波比祇神阿須波神に由来するとする説。

冬の北陸の神社は、雪囲いやビニールシートに覆われ、
撮影するのも面倒くさい心境になるのだが、
当社は、普通の状態だった。
久しぶりに、キリッとした雰囲気が嬉しい。

社殿のある階段上が、狭くて、
通常のデジカメだと社殿の全容撮影が出来なかったので、
最近購入したワイドコンバージョンレンズを装着して撮影。
少し歪があるが、そこがいい感じ。


社域

境内

社殿

社殿から境内

有形文化財
 木造女神坐像 一躯
   須波阿津疑神社 (南中区)
     像高 二五・七cm
 昭和六十一年八月十二日 町文化財指定

 この像は、檜の一木から丸彫したもので、 両膝頭などに朽蝕が目立つが、他はほぼ原容 を伝えている。正面の髪際は波形五を連ねた 形で、髪を両肩に垂れ、右袵の衣に背子(袖なし)を 重ね、左手を上にして袖円で拱手し脆坐している。 上膊には鮱袖が付いているように見える。神像 特有の簡略な表現のうちに、鎌倉時代風の、 写実味がおのずからあらわれている姿で、丸顔のずんぐり した顔立ちや体躯に親しみが感じられ、その造形から、 鎌倉時代の作と推定される。

−境内案内板−



最終更新日:2013/10/09
【 須波阿津疑神社 (越前市) 】

ボーダー




北陸地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
下新川郡 朝日町
下新川郡 入善町
滑川市
魚津市
高岡市
黒部市
射水市
小矢部市
中新川郡 上市町
中新川郡 立山町
砺波市
南砺市
氷見市
富山市

かほく市
羽咋郡 志賀町
羽咋郡 宝達志水町
羽咋市
加賀市
金沢市
鹿島郡 中能登町
七尾市
珠洲市
小松市
能美市
白山市
鳳珠郡 穴水町
鳳珠郡 能登町
輪島市

あわら市
おおい町
越前市
吉田郡 永平寺町
今立郡 池田町
坂井市
鯖江市
三方郡 美浜町
三方上中郡 若狭町
小浜市
大飯郡 高浜町
大野市
丹生郡 越前町
敦賀市
南条郡 南越前町
福井市