HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北陸地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


久志伊奈太伎比咩神社
くしいなだきひめじんじゃ
[石川旅行] 石川県七尾市飯川町40−56,下町シ−1甲 入会地  Zenrin Data Com Maps display !!




三つ巴

式内社 能登國能登郡 久志伊奈太伎比咩神社
旧郷社

御祭神
奇稻田姫命 合祀 大鷦鷯命 天照大御神

石川県七尾市にある。
徳田駅のすぐ東側、飯川町と下町の入会地に鎮座。
道路に沿って、南北に細長く境内があり、
参道の正面に、南向きの社殿。

本殿は、拝殿の後方に接続された形だが、
社殿の中に、本殿があり、外側の覆屋が拝殿に繋がっているのだろう。

とにかくオープンな境内で、境内のほとんどが参道。
青空の下で、明るいのだ。

創祀年代は不詳。
社伝によると、大己貴命の国土経営の際に鎮座といい、
周囲には、由緒ある地名が散在しているらしい。

崇神天皇の御代に官幣に預り、
醍醐天皇の御代に官社となったという。

飯川郷の惣社にして、飯川・下・白馬・若林の氏神。

明治までは、若宮八幡宮と称し、
祭神も、八幡神が主祭神で、相殿に奇稲田姫命となっていたようだ。

境内社の稲荷神社は、東照宮を相殿に祀り、
もと天領六十二ヶ村の氏神として祀られていたもの。

社殿の前に神馬像があり、その腹部に神紋が刻印されている。
それ自体は、特に珍しいものではないのだが、
ただし、神馬の左側には桜紋、右側には三つ巴と
2種類の紋が付けられていた。
巴は八幡宮としての紋だろうから、久志伊奈太伎比咩神社としては桜なのかな。


参道入口

参道

社殿

境内社・稲荷神社

社殿

神馬像 参道側に桜紋

社殿側に巴紋

久志伊奈太伎比咩神社御由緒
主祭神奇稲田姫命
相殿神大鷦鷯命
相殿神天照大御神
 奇稲田姫命は、出雲国足名椎 手名椎の 御子神にして、素盞嗚命の御妃神で、 氣多大神の御母神なり
 創祀の年代は不詳ですが、裏日本開発 の祖神として、また生活の守護神として 奉斎されたと伝えらる
 社伝によれば崇神天皇の御代、官幣の 儀あり 醍醐天皇の御代には官社に加列 され、延喜式内の名神社として、朝民の 尊崇篤く、また鎌倉の時代に若宮八幡神 (大鷦鷯命)を勧請し、中世武門の崇敬 も厚く、能登国守護職畠山氏は、累世 崇敬され、次で長連頼は社頭を造営せり
 往古より惣社、若宮さんとして廣く 慕われ崇敬せらる
 天照大御神は鹿島郡鹿島町蟻ヶ原に 斉明天皇の御代奉斎せし元蟻ヶ原神社 の産土神として崇敬せしが 昭和三十九年閉村に伴い、当神社に 合祀さる

−社前案内石碑−



最終更新日:2013/10/09
【 久志伊奈太伎比め神社 久志伊奈太伎比咩神社 (七尾市飯川町下町) 】

ボーダー




北陸地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
下新川郡 朝日町
下新川郡 入善町
滑川市
魚津市
高岡市
黒部市
射水市
小矢部市
中新川郡 上市町
中新川郡 立山町
砺波市
南砺市
氷見市
富山市

かほく市
羽咋郡 志賀町
羽咋郡 宝達志水町
羽咋市
加賀市
金沢市
鹿島郡 中能登町
七尾市
珠洲市
小松市
能美市
白山市
鳳珠郡 穴水町
鳳珠郡 能登町
輪島市

あわら市
おおい町
越前市
吉田郡 永平寺町
今立郡 池田町
坂井市
鯖江市
三方郡 美浜町
三方上中郡 若狭町
小浜市
大飯郡 高浜町
大野市
丹生郡 越前町
敦賀市
南条郡 南越前町
福井市