HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北陸地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


伊射奈伎神社
いざなぎじんじゃ
[福井旅行] 福井県大飯郡おおい町福谷字宮前48−7  Zenrin Data Com Maps display !!


五三の桐

式内社 若狭國大飯郡 伊射奈伎神社
旧郷社

御祭神
伊射奈岐命 配祀 菅原道眞 合祀 熊野大神 大山祇命

福井県のおおい町にある。
若狭本郷駅の南西10Kmほどの福谷に鎮座。
佐分利川に沿って1号線を進み、
舞鶴若狭道の大阪高浜I.C付近で北へ入り、
川沿いの道を西へ進むと、集落の奥に境内がある。

境内入口に鳥居が建ち、
鳥居をくぐり階段をのぼると県指定天然記念物の裏白樫(ウラジロガシ)の木。
綺麗に整備された境内の中央に、砂利の参道があり、
参道の正面、石組みの上に社殿がある。

拝殿は板の雪囲いをした入母屋造。
拝殿背後の石垣の中に、側面を雪囲いされた流造の本殿がある。

社殿の前には、こちらは町指定天然記念物の栂(トガ)の木。
栂は柘植の別名らしい。
かたわらの立石は注連縄で祀られている。

創祀年代は不詳。
元亀年間(1570〜73)の兵火によって由緒等を焼失。

中世には、福谷宮、天満自在天神宮と称し
明治までは、天満宮と呼ばれていた神社。

元文二年(1737)、小浜の谷唯圭によって始められた
若狭三郡の天満宮二五社参りの内に数えられ、
学問芸術の神であり、「十七ヶ村の大社」として崇敬されていたらしい。

「十七ヶ村」とは、野尻、父子、満願寺、広岡、神崎、岡安、笹谷、
鹿野、小車田、佐畑、石山、久保、福谷、安井、川關、川上、三森。

当時は三基の大鳥居があり、
一の鳥居は東へ9Kmの野尻に、二の鳥居は南東2Kmの石山にあったらしい。

式内社・伊射奈伎神社に比定された古社で
明治十六年三月、伊射奈伎神社と改称された。

明治四十四年三月、以下の近隣九社を合祀した。
石山字宮前・熊野神社、福谷字君前・熊野神社、久保字南村中・熊野神社、
久保字南村中・山神社、安川字北關川原・八幡神社、安川字東奥谷・八幡神社、
小車田字宮前・姫宮神社、小車田字大谷・八幡神社、佐畑字西谷・八幡神社。

『福井県神社誌』や『式内社調査報告』によれば、
境内社は、稲成社と八幡宮と山神社の3社。
残念ながら、参拝中に山神社には気付かなかった。

また、『式内社調査報告』には
「本殿東側に稲荷神社、八幡神社と西側の山神社」とあるが
現在は、東側に稲成社、西側に八幡宮が祀られている。
ひょっとすると山神社は、合祀されたのかもしれないが
僕は確認していない。


社頭

境内

拝殿

本殿

八幡宮

稲成社

ウラジロガシ

トガ(栂)

『式内社調査報告』によると、
加斗(荒木)に、式内社・伊射奈伎神社の旧蹟とされる「伊射の森」があり、
近世には、山の神として祀られたとある。この辺り →  Zenrin Data Com Maps display !!

「伊射」とは「イヤ」の意味で、樹木の高く茂った土地であるという。
山の神は、江戸時代後期には、椎の木二株に注連縄で祀られていたらしい。
なにか痕跡があるかも、と思って行ってみると、
何かの工事らしく、山が半分削られていた。
森の入口付近に祠が一つあったので、
中を見てみると、地蔵堂だった。

帰宅後に、もう少し南側の山麓へ行けば、
何か残っていたのかも、と思った。


伊射の森か?



地蔵堂だった


最終更新日:2013/10/09
【 伊射奈伎神社 (おおい町) 】

ボーダー




北陸地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
下新川郡 朝日町
下新川郡 入善町
滑川市
魚津市
高岡市
黒部市
射水市
小矢部市
中新川郡 上市町
中新川郡 立山町
砺波市
南砺市
氷見市
富山市

かほく市
羽咋郡 志賀町
羽咋郡 宝達志水町
羽咋市
加賀市
金沢市
鹿島郡 中能登町
七尾市
珠洲市
小松市
能美市
白山市
鳳珠郡 穴水町
鳳珠郡 能登町
輪島市

あわら市
おおい町
越前市
吉田郡 永平寺町
今立郡 池田町
坂井市
鯖江市
三方郡 美浜町
三方上中郡 若狭町
小浜市
大飯郡 高浜町
大野市
丹生郡 越前町
敦賀市
南条郡 南越前町
福井市