HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北陸地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


闇見神社
くらみじんじゃ
[福井旅行] 福井県三方上中郡若狭町成願寺字御手洗水12−7  Zenrin Data Com Maps display !!


十六菊


星梅鉢

式内社 若狭國三方郡 闇見神社
旧郷社

御祭神
沙本之大闇見戸賣命
配祀
菅原道眞 天照大神
合祀
建御名方命 八坂刀賣神 火軻遇突智神 表筒男命 中筒男命 底筒男命
大山咋神 別雷神 玉依姫 加茂健角見命
國懸神 日前神 應神天皇 神功皇后

福井県若狭町にある。
十村駅の南1Kmの成願寺で、27号線を東へ入った場所。
三十三間山の西麓に鎮座している。
味のある鳥居と、横に大きな木のある神社。
鳥居には、珍しく赤い扁額。

階段を登ると、正面に拝殿があり、後方に向拝の長い本殿。
本殿の側面には、雪避けだろうか、トタン板が付いていた。

本殿には、三枚の扁額が付けられ、
左から天照皇大神、闇見神社、天満大神とある。

通称、闇見の天神さんとよばれ、天満宮を合祀している。

祭神は、若狭耳別の祖である室毘古王(弥美神社祭神)の母。
沙本之大闇見戸賣命の闇見は、倉見庄に住んでいたからだそうだ。

『闇見神社発端之事』というには、当社の関して、以下の伝承があるらしい。
近江・越前・若狭三国に聳える日話の嶺という山が在り、
山の東半腹に大きな池があった。
その池に大蛇が住み、万民を苦しめていた。
垂仁天皇の御代、素盞嗚尊奇稲田姫神の化身の二老人が現われ、
大蛇を退治し、その尾から出た剣を投げ給いし所に岩剣を祀った。
今津町酒波の日置神社
退治された大蛇は2つに別れ、一つは美濃、一つは若狭へ。
落ちた地が、現在の闇見神社で、
闇見は、大蛇が落ちた時に闇になったからという。

神紋は、社殿に付いていた梅紋だと思う。
境内には「遥拝所」とかかれた柱が一本立っていたが、
何を遥拝しているのだろうか。


社頭

鳥居と階段

階段上が境内

境内

社殿

社殿

式内
旧郷社
闇見神社御由緒
一、鎮座地福井県三方郡三方町成願寺(字御手洗水)第十二号ノ七番地
一、祭神沙本之大闇見戸売命
菅原道真公
合祀ノ神々
一、由緒 若狭国神明帳ニ「正五位闇見明神」トアリ 若狭国誌ニ「成願寺ニ在リ今天神ト称ス弘化 三丙午年七月三日深夜民家ヨリ出火ノ際当社類焼 社殿書類悉ク焼失現本殿ハ安政四年再建セル モノナリ伴信友著「神社私考」ニ第九代開化天皇ノ皇子日子坐王(若狭耳別ノ祖)ノ妃ニシテ 室毘古王(現美浜町宮代鎮座弥美神社ノ御祭神)ノ御母沙本之大闇見戸賣ヲ 祀ル」トアリ現鳥居ハ旧藩主酒井忠勝公ノ奉献ナリ
一、合祀神社 明治四十二年七月二十三日左記神社ノ合祀ヲ許可セラル
諏訪神社 元上野諏訪森ニ鎮座
愛宕神社 元成願寺大羽日ニ鎮座
住吉神社 元倉見庄法奄ニ鎮座
日吉神社 元白屋山王ニ鎮座
加茂神社 元白屋堂田ニ鎮座
熊野神社 元白屋風呂ノ上ニ鎮座
一、例大祭四月五日
一、境内壱千六十四坪
一、建物 本 殿 屋根銅板葺替 平成三年三月三十日竣工
拝 殿 大正三年三月二十六日竣工
社務所 昭和四十二年十一月二十三日移転改築
旧社務所ヲ参拝者休憩所ニ改築
手水舎 平成三年三月三十日改築
御由緒掲示所 平成三年十月三十日竣工

−社頭掲示より−



最終更新日:2013/10/09
【 闇見神社 (若狭町) 】

ボーダー




北陸地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
下新川郡 朝日町
下新川郡 入善町
滑川市
魚津市
高岡市
黒部市
射水市
小矢部市
中新川郡 上市町
中新川郡 立山町
砺波市
南砺市
氷見市
富山市

かほく市
羽咋郡 志賀町
羽咋郡 宝達志水町
羽咋市
加賀市
金沢市
鹿島郡 中能登町
七尾市
珠洲市
小松市
能美市
白山市
鳳珠郡 穴水町
鳳珠郡 能登町
輪島市

あわら市
おおい町
越前市
吉田郡 永平寺町
今立郡 池田町
坂井市
鯖江市
三方郡 美浜町
三方上中郡 若狭町
小浜市
大飯郡 高浜町
大野市
丹生郡 越前町
敦賀市
南条郡 南越前町
福井市