HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北陸地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


狭野神社
さのじんじゃ
[石川旅行] 石川県能美市佐野町ノ−88−2  Zenrin Data Com Maps display !!


八本矢車

式内社 加賀國能美郡 狭野神社
旧県社

御祭神
素盞嗚尊命 天照大神 豊受大神

石川県能美市にある。
能美市役所の南東1.5Kmほどの佐野町に鎮座。
佐野の交差点から参道が東へ延び、西向きに鳥居が立っている。
鳥居の奥の境内は、林の中。

参道の灯篭が、ずんぐりとした形で、
古いものでは無いようだが、面白い。

参道を歩き、幾つかの鳥居をくぐると正面に社殿。
拝殿の後方、垣の中に本殿がある。
拝殿の右手の道を進むと、
根元の部分で幾本にも分かれた、不思議な大樹がある。
その、大樹のあたりから、道は下っており、
本殿が丘の上にあることがわかる。

当社境内には、三つの小山があり、
一の鳥居と二の鳥居の間に「雉の山」。
雉は、当社の神使だが、明治以前は、ここに本殿があったという。
二の鳥居をくぐって、右に「お守り山」、左に「神田山」。

更に、本殿後方の境外に神苑「神楽山」という小山がある。
当地方は九谷焼で有名な地であり、
その九谷焼の釉がとられた場所らしい。

創祀年代は不詳。

式内社・狭野神社に比定されている古社。

社伝によると、当初は、当社の東にあった峠の山中に祀られていた。
狭い野原の奥にあったため、「狭野」という社号となったという。
現在、その東の峠は開発されて、団地となっている。

参道の左手(北側)に境内社・陶祖神社がある。
当地の九谷焼の祖を祀ったもの。当社の東には、九谷陶芸村がある。

境内の神馬像には、八本矢車の紋。
矢車が当社の神紋だが、由来は知らない。


境内入口の鳥居

参道鳥居

参道鳥居

境内社の陶祖神社

神馬像

境内

拝殿

本殿

社殿横の木、これが椎の木

狹野神社由緒

御祭神 素盞嗚尊命
天照大神
豊受比咩命
すさのおのみこと
あまてらすおうみかみ
とようけひめのみこと

 仰、当社は往昔、佐野集落の発祥の地であ る、東部丘陵団地の東端、峠路の山中に、鎮 守の神として創建されたもので、郷民の崇敬 厚く、嘉祥三年(八五〇)に皇室から正六位上を賜 った。狹い谷間の野原の奥にあったから狹野 の社と称えられ、これが佐野の地名の起こり と言う。やがて祖先が農耕に便利な八丁川沿 岸と鍋谷川沿岸に移住した。延喜七年(九〇七)に 式内社となって、全国でも著名な古社として 知られたが、嘉元元年(一三〇三)に南禅寺領となっ て、その管轄の政所が置かれた。その後南北 両佐野が合体し、現在地へ氏神が遷座された。
 前田藩政のとき、利常公が格別に崇敬され 正保元年(一六四四)の春にご参拝、翌年の春の祭 儀には自ら祭主となられた。明治三十五年県 社に昇格し、同年神饌幣帛供進神社に指定さ れ、明治四十年に末社神田神社を合祀し大正 十三年拝殿を改築し、昭和五十年に本殿、幣 殿、社務所を造営した。
 境内は二千坪余(神苑神楽山を含む)神田山、お守り 山、雉の山の神域三山あって、樹齢未詳の椎 の大樹のほか古松、老杉、喬木等繁茂した社 そうが、昭和五十二年に寺井町指定天然記念 物となった。境内に当地産業九谷焼の元祖を 祭る陶祖神社があって本社の春季大祭の五月 一日に続き、三、四、五日が茶碗祭りとして 賑う。
 われ等の祖先が幾千代かけて、えいえいと奉 賛してきた尊とい当社は、世相が時代と共に 推移しても、ふるさとの心のよりどころとし て永久に敬神の誠をささげていかねばならな い。

  神社覈録に
 狹野神社、狹野は假字也、祭神狹野尊歟、在所詳ならず
 日本紀(神代・下)一書曰 狹野尊亦日本磐余彦尊云々

−境内石碑−



最終更新日:2013/10/09
【 狭野神社 (能美市) 】

ボーダー




北陸地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
下新川郡 朝日町
下新川郡 入善町
滑川市
魚津市
高岡市
黒部市
射水市
小矢部市
中新川郡 上市町
中新川郡 立山町
砺波市
南砺市
氷見市
富山市

かほく市
羽咋郡 志賀町
羽咋郡 宝達志水町
羽咋市
加賀市
金沢市
鹿島郡 中能登町
七尾市
珠洲市
小松市
能美市
白山市
鳳珠郡 穴水町
鳳珠郡 能登町
輪島市

あわら市
おおい町
越前市
吉田郡 永平寺町
今立郡 池田町
坂井市
鯖江市
三方郡 美浜町
三方上中郡 若狭町
小浜市
大飯郡 高浜町
大野市
丹生郡 越前町
敦賀市
南条郡 南越前町
福井市