HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北陸地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


御門主比古神社
みかどぬしひこじんじゃ
[石川旅行] 石川県七尾市鵜浦町11−20  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 能登國能登郡 御門主比古神社
旧村社

御祭神
御門主比古神 合祀 櫛八玉神

七尾市鵜浦町にある。
七尾駅から北東に10Km。
七尾南湾の入口である小口瀬戸に突き出た観音崎の付根。
鹿渡島とも呼ばれる鵜浦漁港の近く。
僕には、能登半島が東向きの恐竜の頭に見えるのだが、
そう見ると、恐竜の下顎。前歯の付根の位置。

民家の間に参道入口があり、南東向きに鳥居が建つ。
暗くて静かな参道を歩くと、正面に一段高く境内があり、
中央に社殿が鎮座。

社号標には、『式内 御門主比古神社』の横に、「阿於社」とある。
阿於谷にあった阿於大明神(櫛八玉神)を合祀したため、
江戸時代には、御門主比古神社阿於大明神と併称されていた。

明治になって、石川県から、阿於神社と称するように命じられたが、
明治16年、村民の出願によって、御門主比古神社の名に戻したという。

祭神は御門主比古神だが、江戸時代には、
豊磐窓神櫛磐窓神と一緒に祀られており、
七尾湾の入口を護る門神と考えられていたのかもしれない。

伝承によると、
能登一宮・気多大社の祭神、大己貴命
天下巡行の時、能登の妖魔退治のため、
高志の北島から神門島(鹿渡島)に渡ってきた。

その時、当地の御門主比古神が、鵜を捕らえて大己貴命に献上、
あるいは、櫛八玉神が御門主比古神と謀って鵜に化け、
魚をとって、大己貴命に献上したという。

よって、当地の鵜捕部と称する人々が、鵜浦で捕らえた鵜を
気多大社へ献上する神事、鵜祭が行われた。

周囲も鬱蒼とした森で、綺麗に整地された境内。
能登の神社は、このような形が多いようだ。
本殿は覆屋の中にあり、外からは見えなかった。
これも能登の神社には多い形式。
雪の多い北陸だからだろう。


鳥居

参道

社殿から参道

境内

社殿

社殿

参道から見える海


最終更新日:2013/10/09
【 御門主比古神社 (七尾市) 】

ボーダー




北陸地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
下新川郡 朝日町
下新川郡 入善町
滑川市
魚津市
高岡市
黒部市
射水市
小矢部市
中新川郡 上市町
中新川郡 立山町
砺波市
南砺市
氷見市
富山市

かほく市
羽咋郡 志賀町
羽咋郡 宝達志水町
羽咋市
加賀市
金沢市
鹿島郡 中能登町
七尾市
珠洲市
小松市
能美市
白山市
鳳珠郡 穴水町
鳳珠郡 能登町
輪島市

あわら市
おおい町
越前市
吉田郡 永平寺町
今立郡 池田町
坂井市
鯖江市
三方郡 美浜町
三方上中郡 若狭町
小浜市
大飯郡 高浜町
大野市
丹生郡 越前町
敦賀市
南条郡 南越前町
福井市