HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北陸地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


須部神社
すべじんじゃ
[福井旅行] 福井県三方上中郡若狭町末野字神ヶ谷36−11  Zenrin Data Com Maps display !!


山八重桜

朱印のページへ!!

式内社 若狭國三方郡 須部神社
旧村社

御祭神
蛭子大神
配祀 陶津耳命 大國主命

福井県の若狭町にある。
小浜線の若狭有田駅の東3Kmほどの末野に鎮座。
鳥羽川を越えて、27号線から農村総合公園方面へ400mほど北上し、
300mほど西へ入ると境内がある。

境内入口に石鳥居が建ち、参道階段を進むと朱の鳥居。
鳥居扁額には「恵比須大神」とあり、
地図にも恵比須大神社と記されていて、
当社の通称は、えべっさん。

朱の鳥居をくぐり階段を上ると割拝殿。
その奥に社殿があり、拝殿の後方に流造の大きな本殿がある。

社殿の周囲に境内社の祠が散在しており、
各祠には社名の額が掲げられている。
確認した境内社は、
八幡宮、大國主社、少彦名社、天満宮、日枝社。

境内左手に、上へ登る階段があり、
階段途中に稲荷社。階段上に皇大神宮がある。

寛延二年の『若狭國志』によると
養老二年(718)九月二十八日の垂跡。
養老三年(719)三月二十三日に祠が建てられたらしい。

一説に、鳥羽谷の山内村の飛永治右衛門という人が
裏山に屋敷神としてエビスさんを祀っていた。
ある日、そのエビス神が末野の神ヶ谷に飛んで来て杉の木にとまった。
その山は富永家の持ち山だったので屋敷内に祀ったが、
その後現在地に祠を建てたという。

若狭国内神名帳に「正五位酒部明神」と記されている古社。

通称はえべっさんだが、別に西の神さん・西宮・西神社とも呼ばれ、
祭神は、蛭子大神(恵比須)。

正式名は須部(すべ、すへ)神社。配祀に陶津耳命
式内社・須部神社に比定されており、
本来の祭神は陶津耳命で、後に蛭子大神を勧請したと思うのだが、
社記によれば、養老三年三月二十三日、
蛭子命を祀る社殿を再建したとある。

当社は「子らの守り神」としての信仰が篤く、
福井県内はもとより、京都・大阪・滋賀・石川・岐阜・愛知などから
参拝者が相次いでいる。

当地は古代製陶所遺跡として、
末野の山麓には多数の土器破片を堆積した遺跡がある。

鎮座地名の末野(すえの、すへの)は、陶ノ宮が変化したものだと考えられる。

当社の神紋は桜紋。

境内社の大國主社は、瘡神社とも称し
養老二年九月二十八日の創建と伝えられている。


境内入口

朱の鳥居

上から

割拝殿

拝殿

本殿

八幡宮

大國主命

少彦名命

天満宮

日枝社

境内

倉稲魂命

皇大神宮

上から社殿


最終更新日:2013/10/09
【 須部神社 (若狭町) 】

ボーダー




北陸地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
下新川郡 朝日町
下新川郡 入善町
滑川市
魚津市
高岡市
黒部市
射水市
小矢部市
中新川郡 上市町
中新川郡 立山町
砺波市
南砺市
氷見市
富山市

かほく市
羽咋郡 志賀町
羽咋郡 宝達志水町
羽咋市
加賀市
金沢市
鹿島郡 中能登町
七尾市
珠洲市
小松市
能美市
白山市
鳳珠郡 穴水町
鳳珠郡 能登町
輪島市

あわら市
おおい町
越前市
吉田郡 永平寺町
今立郡 池田町
坂井市
鯖江市
三方郡 美浜町
三方上中郡 若狭町
小浜市
大飯郡 高浜町
大野市
丹生郡 越前町
敦賀市
南条郡 南越前町
福井市