HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北陸地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


鵜甘神社
うかんじんじゃ
[福井旅行] 福井県越前市入谷町33−7  Zenrin Data Com Maps display !!





式内社 越前國今立郡 鵜甘神社
旧村社

御祭神
贄持命

福井県越前市にある。
JR武生駅の東10Kmほどの入谷町に鎮座。
201号線(菅生武生線)をひたすら進むと、
日野川の支流・鞍谷川の上流、石休川の近く、
道路に面して境内がある。

境内入口は西向き。
境内は、石段の上にあり、道路より少し高い。
数段の階段を登ると鳥居がある。
鳥居の右手に「式内村社鵜甘神社」と
刻まれていた(と思う)社号標がある。

参道を進むと、境内の奥に社殿があるが
社殿の前の灯籠が一基崩壊しており、
修復を待っていた。(2006年5月初旬)

『福井県神社誌』に、本殿は流造と書かれているが、
この社殿の中にあるのだろうか。

式内社・鵜甘神社の論社。

社伝によると、
神武天皇が大和国吉野河の河尻にお入りの時
簗を作って魚を捕っていた翁がいた。

その翁が「私は国神で贄持の子であります」といい
今後、天神の御子が召し上がる御贄を奉りますといって
生き生きとした香魚(鮎)を献上すると
天皇は大いに喜び
永く膳部(かしわべ)として仕えるように命じられた。
この翁が鵜養部の始祖である。

この翁の子孫が清らかな水を求めて、
鵜養部を率いて住みついた地が入谷であるといい、
鵜養部が、祖神を祀った神社が当社である。

境内の案内板には、
「木造四天王像三躯」の説明が書かれていたが
社殿内にあるのだろうか。

『福井県神社誌』には、当社の神紋は「菊桐」と書かれている。
これは、菊紋と桐紋の両紋ということだろう。
参拝時には未確認なのだ。


社頭

鳥居

社殿

境内社殿

倒壊した灯籠

社殿

越前市指定文化財
木造四天王像三躯
 四天王像のうちの三体である。
 像は一木で彫られ、両腕をはぎ付けて ある。足下に踏んでいる邪鬼は像に比較 してやや大きく造られている。像は頭部 がやや大きくゆったりとし、動きが少な く静かな感じをうける。脚下の線の太い 彫り方の邪鬼など平安時代末期の製作に なるものと思われる。

−境内案内板−



最終更新日:2013/10/09
【 鵜甘神社 (越前市入谷町) 】

ボーダー




北陸地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
下新川郡 朝日町
下新川郡 入善町
滑川市
魚津市
高岡市
黒部市
射水市
小矢部市
中新川郡 上市町
中新川郡 立山町
砺波市
南砺市
氷見市
富山市

かほく市
羽咋郡 志賀町
羽咋郡 宝達志水町
羽咋市
加賀市
金沢市
鹿島郡 中能登町
七尾市
珠洲市
小松市
能美市
白山市
鳳珠郡 穴水町
鳳珠郡 能登町
輪島市

あわら市
おおい町
越前市
吉田郡 永平寺町
今立郡 池田町
坂井市
鯖江市
三方郡 美浜町
三方上中郡 若狭町
小浜市
大飯郡 高浜町
大野市
丹生郡 越前町
敦賀市
南条郡 南越前町
福井市