HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北陸地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


御方神社
みかたじんじゃ
[福井旅行] 福井県三方上中郡若狭町三方21−1  Zenrin Data Com Maps display !!


丸に違い矢


『福井県神社誌』より

式内社 若狭國三方郡 御方神社
旧村社

御祭神
櫛御方命 合祀 山脇大神 事代主命 大山咋命

福井県若狭町、三方湖の東に鎮座している。

三方駅から北へ500mの観音前交差点から東へ、
三方石観世音方向へ入った所に境内入口がある。

観音が名所なのだろう、周囲は観音色一色だが、
赤い欄干の橋を渡り、階段を登ると静かな境内。

創祀年代や由緒の詳細は不明。
古くは「明神社」「郡神明神」とも呼ばれていた。

現在の主祭神は、櫛御方命
名前に「御方」とあることから採用されたようだが、
社名の「御方」は、三方湖に由来しているのは明らかで、
当地と何の関連も無い櫛御方命を祭神としているのは疑問。

『若狭国志』では祭神不詳。
『神祇志料』『大日本史』では天日槍命となっている。
ただし、これにも確たる根拠はないらしい。

三方は、「美しい潟」だというのが通説。
ならば、三方湖の神を祀った神社なのだろう。

拝殿の後ろの覆屋の中に、本殿が2つ並んでいる。
どちらが主祭神を祀っているものかは不明。
『平成祭データ』には、境内社として神明神社が記載されており、
『福井県神社誌』には、神明社・大神宮社・山神社の名がある。

境内には、他に小祠が一つあった。

二つの本殿の扉には菊紋。屋根には菊と片喰の紋が付けられているが、
『福井県神社誌』には、当社の神紋は「丸に違い矢」と記されている。


境内入口

参道

境内社

境内

拝殿

覆屋の中に本殿

2つ並んだ本殿


最終更新日:2013/10/09
【 御方神社 (若狭町) 】

ボーダー




北陸地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
下新川郡 朝日町
下新川郡 入善町
滑川市
魚津市
高岡市
黒部市
射水市
小矢部市
中新川郡 上市町
中新川郡 立山町
砺波市
南砺市
氷見市
富山市

かほく市
羽咋郡 志賀町
羽咋郡 宝達志水町
羽咋市
加賀市
金沢市
鹿島郡 中能登町
七尾市
珠洲市
小松市
能美市
白山市
鳳珠郡 穴水町
鳳珠郡 能登町
輪島市

あわら市
おおい町
越前市
吉田郡 永平寺町
今立郡 池田町
坂井市
鯖江市
三方郡 美浜町
三方上中郡 若狭町
小浜市
大飯郡 高浜町
大野市
丹生郡 越前町
敦賀市
南条郡 南越前町
福井市