HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北陸地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


苅田彦神社
かりたひこじんじゃ
[福井旅行] 福井県大飯郡おおい町名田庄小倉17−1  Zenrin Data Com Maps display !!


十六八重菊

式内社 若狭國遠敷郡 苅田比古神社
旧村社

御祭神
苅田比古大神

福井県のおおい町にある。
小浜駅の南西15Kmほどの名田庄小倉に鎮座。
南川に沿って162号線を南西へ進み
染ケ谷川との分岐点あたりで南に入った場所に境内がある。

周囲には観光設備らしきものがあり、
整備された道に面して、山の斜面が境内となっている。

石組の上に鳥居が立ち、
鳥居の左側に「式内 苅田比古神社」と刻まれた社号標。
階段を上ると拝殿。
拝殿の後方、さらに階段の上に本殿がある。
本殿は庇の付けられた流造。

砂利の境内は綺麗に整備されていて、
どの階段にも、中央に赤い手すりが設置されている。
気配りの行き届いた神社だという印象。

創祀年代は不詳。
社伝によると、大同元年の創祀。

養老五年(721)泰澄草創の
別当・谷田寺が藩に提出した願書には
「安永四乙未三月壹千年祭、文政六癸未九月壹千五十年祭」とあり
安永四年(1775)の約千年前、宝亀年間の創祀とも。

式内社・苅田比古神社に比定されている古社。
谷田寺記録には「知見七村氏神」とあり「知見之宮」と記されている。

伝承によると、
秋日、刈り取った稲の上に神霊が降臨したということで
苅田彦の名が付けられた穀霊神であるという。

もとは現在地の東北の山麓にあったが
洪水のため、嘉永六年、現在地に再建された。

境内左手に、立派な境内社がある。
明治四十四年五月に、小倉字奥の谷から移転された
文明年間創祀の無格社・神明神社だ。

境内の神馬像には菊の紋が付けられているが
『式内社調査報告』には、神紋は五三桐だと記されている。


社頭

拝殿

本殿

境内

神明大明神

本殿


最終更新日:2013/10/09
【 苅田彦神社 (おおい町) 】

ボーダー




北陸地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
下新川郡 朝日町
下新川郡 入善町
滑川市
魚津市
高岡市
黒部市
射水市
小矢部市
中新川郡 上市町
中新川郡 立山町
砺波市
南砺市
氷見市
富山市

かほく市
羽咋郡 志賀町
羽咋郡 宝達志水町
羽咋市
加賀市
金沢市
鹿島郡 中能登町
七尾市
珠洲市
小松市
能美市
白山市
鳳珠郡 穴水町
鳳珠郡 能登町
輪島市

あわら市
おおい町
越前市
吉田郡 永平寺町
今立郡 池田町
坂井市
鯖江市
三方郡 美浜町
三方上中郡 若狭町
小浜市
大飯郡 高浜町
大野市
丹生郡 越前町
敦賀市
南条郡 南越前町
福井市