HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北陸地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


楢本神社
ならもとじんじゃ
[石川旅行] 石川県白山市宮丸町1  Zenrin Data Com Maps display !!


抱き鬼柏

式内社 加賀國石川郡 楢本神社
旧県社

御祭神
伊弉冉尊
合祀
菅原道真 応神天皇 少彦名命 底筒男命 中筒男命 上筒男命

石川県白山市宮丸。
JR加賀笠間駅から、西に2Km、JR松任駅から、南西に2Km、
国道8号線から松任駅へ向う道の分岐点近くにある。
道路に平行に境内があり、鳥居は西向き。

昔は、南に1Kmの大久保宮にあったが、
手取川氾濫のため、現在地に遷座したという。

楢本神社の論社は、三社あり、距離も近い。

楢本神社(下柏野) 楢本神社(上柏野) 楢本神社(宮丸)


明治には論争があり、特に下柏野と宮丸は、激しく争った。
困惑した石川県は、占いによって神慮を伺うこととしたそうだ。

現在は、数Km南を流れている大河・手取川だが、
昔、このあたりは、その流域地帯であったらしく、
度々の氾濫によって、町々の離散廃滅が甚だしかった。
そういう事情によって、楢本神社も遷座・分祀を繰り返し、
複数の論社が生まれることになったのだろう。

当社は、その三社の中で、一番広い境内を持ち、
社格も、もっとも高い県社となった。
地元の政治家の力によるものであるとか、いろいろと非難があったようだ。

古来、大久保宮と称し、天武天皇四年の創立と伝えられ、
歴代藩主から尊崇された古社。
子安観音と習合し、民衆の信仰が深かった神社。

宮丸地内には、梅ノ木を植えてはならないという禁忌がある。
祭神が、梅ノ木によって眼をつきさされたという伝承があるのだ。
では、菅原道真を合祀しているのは、変じゃないか。

社殿の扉や、神馬像に、抱き鬼柏の紋があった。
鬼というのは、葉の周囲がギザギザとしたものをさす。


鳥居

境内

参道

拝殿

神馬像

狛犬

本殿

狛犬


最終更新日:2013/10/09
【 楢本神社 (宮丸) 】

ボーダー




北陸地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
下新川郡 朝日町
下新川郡 入善町
滑川市
魚津市
高岡市
黒部市
射水市
小矢部市
中新川郡 上市町
中新川郡 立山町
砺波市
南砺市
氷見市
富山市

かほく市
羽咋郡 志賀町
羽咋郡 宝達志水町
羽咋市
加賀市
金沢市
鹿島郡 中能登町
七尾市
珠洲市
小松市
能美市
白山市
鳳珠郡 穴水町
鳳珠郡 能登町
輪島市

あわら市
おおい町
越前市
吉田郡 永平寺町
今立郡 池田町
坂井市
鯖江市
三方郡 美浜町
三方上中郡 若狭町
小浜市
大飯郡 高浜町
大野市
丹生郡 越前町
敦賀市
南条郡 南越前町
福井市