HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北陸地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


大塩八幡宮
おおしおはちまんぐう
[福井旅行] 福井県越前市国兼町字榊山22−2  Zenrin Data Com Maps display !!


三つ巴

旧県社

御祭神
誉田別天皇 帶中津日子天皇 息長帶日賣尊


境内 式内社
越前國敦賀郡 高岡神社 摂社 高岡神社
越前國敦賀郡 天八百萬比咩神社 摂社 天八百萬比咩神社
越前國敦賀郡 天國津彦神社 末社 天国津彦神社
越前國敦賀郡 天國津比咩神社 末社 天国津比咩神社

福井県越前市にある。
北陸本線・王子保駅の南2Kmほどの国兼町に鎮座。

参道入口に朱の鳥居が立ち、
参道を進むと、丘の前にも朱の鳥居。
境内に入り、参道階段を登ると、
もう一つの鳥居があり、神門がある。

参拝は、日の出の頃。
もちろん、他に参拝客はいない無人の境内。
参道の灯籠には明かりが灯っていた。

神門をくぐると、鎌倉時代の梵鐘(市指定文化財)。
その奥に、室町時代建立、入母屋造杮葺の
大きな拝殿(国重要文化財)があり、
拝殿の後方、一段高い位置に、社殿が並んでいる。

当社の神社配置は、他の神社と若干異なり、
他の神社で神楽殿(舞殿)のある位置に拝殿があり、
通常拝殿のある位置に、独立した幣殿。
幣殿の後方、垣の中に本殿がある。

当社には、重要な境内社も多いので、
各社殿については次のページに記載する。

社伝によると、寛平三年の鎮座。

第五十八代光孝天皇の御代、
仁和三年(887)八月三日、
紀中納言友仲朝臣が、当国国府の南泉島へ流罪となった。
無実の罪を嘆きながら、現在の本殿の位置に
榊を植え、石清水八幡宮の神を祀った。

宇多天皇の御代、寛平元年(889)三月
勅許により京都へ戻ることができた。
これを喜び、神勅を戴いて社殿を造営し
寛平三年(891)八月二十日、
石清水八幡宮の神霊を勧請したのが当社のはじめ。
『明治神社誌料』によると宇多天皇勅願北陸最上當二宮とあり、
越前国二ノ宮と称していたらしい。

鎮座の際、王子保一帯を神領としたことから、
大塩保八幡宮と称するようになり、
江戸の頃に、大塩八幡宮と呼ばれるようになった。

明治四年十月郷社に、七年六月県社に列し、
明治四十三年十月十三日、王子保区内の十二社
(大神下前神社、宇佐神社、愛宕神社、若宮神社、
日野神社、日吉神社、小白山神社、癒瘡神社、
天神社、住吉神社、若宮神社、稲荷神社)を合祀した。

八幡宮なので、神紋は三つ巴。

境内にある式内社については次のページ


参道入口

境内入口

参道

鳥居

神門

梵鐘

拝殿

幣殿から見た拝殿

境内

境内

幣殿と左右の摂末社

もっと詳しい内容へ

最終更新日:2014/07/22
【 大塩八幡宮 (越前市) 】

ボーダー




北陸地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
下新川郡 朝日町
下新川郡 入善町
滑川市
魚津市
高岡市
黒部市
射水市
小矢部市
中新川郡 上市町
中新川郡 立山町
砺波市
南砺市
氷見市
富山市

かほく市
羽咋郡 志賀町
羽咋郡 宝達志水町
羽咋市
加賀市
金沢市
鹿島郡 中能登町
七尾市
珠洲市
小松市
能美市
白山市
鳳珠郡 穴水町
鳳珠郡 能登町
輪島市

あわら市
おおい町
越前市
吉田郡 永平寺町
今立郡 池田町
坂井市
鯖江市
三方郡 美浜町
三方上中郡 若狭町
小浜市
大飯郡 高浜町
大野市
丹生郡 越前町
敦賀市
南条郡 南越前町
福井市