HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北陸地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


常神社
つねじんじゃ
[福井旅行] 福井県三方上中郡若狭町常神10−2  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 若狭國三方郡 常神社
旧村社

御祭神
神功皇后
合祀
若狹彦神 若狹姫神 鵜草葺不合尊
天照皇大神 柳原神 渡津松神 神留間神 三望大神

福井県若狭町にある。
三方五湖の北西に突き出た常神半島に鎮座。
ウネウネと海岸沿いを走る道路を走っていると、道路脇に境内がある。

鎮座地・常神に入ったあたりから森が深くなり、
スピードを緩めていると、道路を数匹の猿が歩いている。
境内横に車を停めて、しばらく見ていると、さらに多くの猿が境内に入って来て、
総数が十数匹だろうか、階段を上り、社殿の上や、境内で遊び始めた。
社殿の上では、親子の猿が蚤取り、境内では小猿達が追いかけっこなど。

僕が車から降りると、一斉に木の上に上り、木を揺らし、声を上げ始めた。
ちょっと怖かったが、様子を見ながら、階段下まで歩くと、猿の姿は見えなくなった。
居なくなったのではなく、葉陰に隠れているのが分かる。
ボスらしき猿が、木の上から、ジッとこちらを観察しているので、
無視しながら、一歩一歩階段を上る。

ゆっくりと、急いで参拝し、階段を下りていると、上から何か落ちてきた。
木の実のようなもの。見上げると猿がこちらを覗きこんでいる。

車に戻り、車内に入って、ホッとしていると、
猿達は、木や茂みから姿を現し、遊びや蚤取りを再開。
猿の遊びの時間に、たまたま来合せてしまったのだろう。
観光地にいる凶暴な猿と違って、人に慣れていない素朴な猿で良かった。


樹上の猿

境内の猿

親子の猿

創建年代は不詳。

寛和2年(989)に神社を、常神半島沖にある御神島へ移し、
天仁元年(1108)、当地へ遷座したといわれる。

敦賀湾奥に鎮座する気比神宮の奥宮は、
敦賀半島にある常宮だと云われている。
「常」という字の意味は不明だが、この常宮の神官が、
当社・常神社で祭祀を行ったという記録が残っているらしく、
常宮との関係が指摘されている。

『日本書紀』仲哀天皇二年の条に、
熊襲征伐へむかう仲哀天皇に同行するため、
神功皇后は敦賀から出発し、「渟田門」(ぬたのみなと)で船上で食事をしたとある。
この渟田門は、常神半島と敦賀半島の間の海であるとされている。
船の周りに多くの鯛が集まったので、皇后が酒を注ぐと、鯛は酔ってように浮き上がり、
漁民らは、聖王(皇后)の下さった魚として、多くの魚を得た。
六月になると、当地の魚は、酔ったように浮き上がり、口をパクパクとさせているとも
『日本書紀』に記されている。

神紋は不明。社殿には、菊や桐らしき紋が付いていたが、不鮮明だったので不明。


境内入口の鳥居

参道の階段

階段上から

社殿

階段上に拝殿

本殿


最終更新日:2013/10/09
【 常神社 (若狭町) 】

ボーダー




北陸地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
下新川郡 朝日町
下新川郡 入善町
滑川市
魚津市
高岡市
黒部市
射水市
小矢部市
中新川郡 上市町
中新川郡 立山町
砺波市
南砺市
氷見市
富山市

かほく市
羽咋郡 志賀町
羽咋郡 宝達志水町
羽咋市
加賀市
金沢市
鹿島郡 中能登町
七尾市
珠洲市
小松市
能美市
白山市
鳳珠郡 穴水町
鳳珠郡 能登町
輪島市

あわら市
おおい町
越前市
吉田郡 永平寺町
今立郡 池田町
坂井市
鯖江市
三方郡 美浜町
三方上中郡 若狭町
小浜市
大飯郡 高浜町
大野市
丹生郡 越前町
敦賀市
南条郡 南越前町
福井市