HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北陸地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


糸岡神社
いとかおじんじゃ
[富山旅行] 富山県小矢部市五社3080  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 越中國礪波郡 長岡神社
旧村社

御祭神
鵜草葺不合尊 合祀 少彦名命
配祀
彦五瀬尊 御毛入野尊 彦稲氷尊 神日本磐余彦天皇

富山県小矢部市にある。
福岡I.C.の南1Kmほどの五社に鎮座。
能越自動車道のすぐ東、九号線の北に境内がある。

境内入口は東向き。
参道入口には「糸岡神社」と刻まれた社号標。
石鳥居をくぐり、100m近くありそうな長い参道を西へ進むと参道左手に手水舎。
境内にも鳥居が立っており、西奥に社殿。
『富山県神社誌』に載っている昔の写真では、境内に樹木が数本あるが、
現在の境内は駐車場のようにコンクリートで覆われている。

拝殿は瓦葺入母屋造。北陸地方に多い前面・側面をガラスで覆ったもの。
拝殿後方が突き出た構造で、中に本殿があるのだろう。

参拝は、10月中旬の午後。太陽が西の山に沈み始めた頃。
当社に到着した時は明るかったが、参拝中に徐々に暗くなり、
参拝を終えて参道を戻り、振り返ると境内は完全にシルエット状態で、
黄昏時(たそがれどき)の神社は、なかなか神秘的な雰囲気だった。

創祀年代は不詳。
正一位五社大神糸岡郷総社と称え、糸岡郷三十二ヶ村の崇敬篤い神社。
式内社・長岡神社の論社でもある古社。
一説には、現在、七社鎮座の長岡神社の古址であるという。

砺波郡蓮沼城主遊佐新左衛門慶親の時、
上杉謙信のよる戦乱の際に放火により社殿・古記録を焼失。
その後再建され、慶応四年、糸岡郷の名より糸岡社と改称。
明治十五年六月九日、糸岡神社と改めた。

合祀の少彦名命は、元境内社の祭神。
明治四十四年二月十二日、県の指令により合祀されたらしい。

境内には明治天皇遥拝所の石碑が立っている。


社頭

社号標と鳥居

参道

手水舎

境内

境内

社殿

社殿

扁額

明治天皇遥拝所


最終更新日:2013/11/19
【 糸岡神社 (小矢部市) 】

ボーダー




北陸地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
下新川郡 朝日町
下新川郡 入善町
滑川市
魚津市
高岡市
黒部市
射水市
小矢部市
中新川郡 上市町
中新川郡 立山町
砺波市
南砺市
氷見市
富山市

かほく市
羽咋郡 志賀町
羽咋郡 宝達志水町
羽咋市
加賀市
金沢市
鹿島郡 中能登町
七尾市
珠洲市
小松市
能美市
白山市
鳳珠郡 穴水町
鳳珠郡 能登町
輪島市

あわら市
おおい町
越前市
吉田郡 永平寺町
今立郡 池田町
坂井市
鯖江市
三方郡 美浜町
三方上中郡 若狭町
小浜市
大飯郡 高浜町
大野市
丹生郡 越前町
敦賀市
南条郡 南越前町
福井市