HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北陸地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


羽咋神社
はくいじんじゃ
[石川旅行] 石川県羽咋市川原町エ164  Zenrin Data Com Maps display !!


山桜

式内社 能登國羽咋郡 羽咋神社
旧県社

御祭神
石撞別命
相殿 石城別命 弟苅幡刀辨 道反大神

羽咋駅の西200mほどのところにある。
JR線と国道249号線の中間。

金沢を出る時には止んでいた雪が、
電車を降りた頃から、降り始め。大変な事になっていた。
境内に到着した頃がピークで、雪煙状態だ。

境内後方には前方後円墳があり、石撞別命の御墓とされている。
また、社殿の東横には、石城別命の御墓もある。

羽咋駅の西すぐのところ、小川を越えると八幡宮があるが、
ここが、祭神石撞別命の居館跡だと云われ、
古社地ではないかという説もある。

祭神石撞別命は、垂仁天皇の皇子で、
石衝別王・磐衝別命・伊波都久和希とも書かれる。

相殿の石城別命は、石撞別命の御子であり、羽咋国造。
磐城別王・偉波智和希とも書かれる。

弟苅幡刀辨は、石撞別命の御母。
道反大神は、明治42年に合祀した三俵苅社の祭神だった。
ただし、三俵苅社には、石撞別命の妃である三足比咩命の御墓姫塚
があり、そちらが祭神ではないかとも云われている。

往古、当地、高志の北島では、盗賊がはびこり、
瀧崎の森には怪鳥が住んで、人々を苦しめていた。
勅命により、石撞別命が下向され、賊を平らげ、怪鳥を教化した。
これが、羽咋の地名のおこり。

羽咋には七塚があり、以下の通り。

一.大塚(社殿後方御陵山、石撞別命御墓)
二.大谷塚(社殿東方、石城別命御墓)
三.姫塚(旧三俵苅社、現在羽咋駅あたり、三足比咩命御墓)
四.稲荷塚(北方山)
五.痛子塚
六.劔塚(八幡宮、石撞別命居館跡)
七.水犬塚(少名彦名社)

小雪の踊り狂う境内では、撮影が難しい。
しばらく、拝殿内で、おさまるのを待つ。
社殿周囲は、雪の吹き溜まりで、歩くと、膝まで埋まる。
履の中にまで雪が入ってくる。
風邪気味の身体には非常に辛い状況だったが、
今、思い出すと、子供の頃の雪の日々のようで、
なぜか、ウキウキとした感覚。懐かしい。


鳥居

境内から鳥居

境内

拝殿

本殿

大谷塚 石城別命御墓(磐城別王墓)

羽咋神社
 羽咋神社は任喜式に登史せられ、元県社です。
 上古勅命に衣り謁の国(能登の国)の 鎮撫使として羽咋の国に御下降なされた 第十一代垂仁天皇の皇子磐衝別命、並びに その御子磐城別王(羽咋の国造)等を、 祀っています。
 相撲道場日本最古とも云う歴史と古式 を伝えて毎年九月二十五日(命の薨去) に執行せられる唐戸山神事相撲の有名を 約二千年の久しきに亘り連綿永続し、中 古の郷土庶民より羽咋の神と追称せられ 今日に及んでいる神社であります。
 大正六年九月二十七日御祭神の両墓所 (磐衝別命、磐衝別命)が御治定に衣り 宮内省より当社に祭祀料等の御下賜あり 境内の整備がなされて現況となる。
誤字らしき箇所があるが、原文のまま記載。

−境内案内板−



最終更新日:2013/10/09
【 羽咋神社 】

ボーダー




北陸地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
下新川郡 朝日町
下新川郡 入善町
滑川市
魚津市
高岡市
黒部市
射水市
小矢部市
中新川郡 上市町
中新川郡 立山町
砺波市
南砺市
氷見市
富山市

かほく市
羽咋郡 志賀町
羽咋郡 宝達志水町
羽咋市
加賀市
金沢市
鹿島郡 中能登町
七尾市
珠洲市
小松市
能美市
白山市
鳳珠郡 穴水町
鳳珠郡 能登町
輪島市

あわら市
おおい町
越前市
吉田郡 永平寺町
今立郡 池田町
坂井市
鯖江市
三方郡 美浜町
三方上中郡 若狭町
小浜市
大飯郡 高浜町
大野市
丹生郡 越前町
敦賀市
南条郡 南越前町
福井市