HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北陸地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


手向神社
たむけじんじゃ
[富山旅行] 富山県氷見市柳田2926  Zenrin Data Com Maps display !!


 

式外社 手向神 三代実録
旧村社

御祭神
猿田彦神 大物主神
配祀 天照大神 建御名方神 少彦名神

富山県氷見市にある。
氷見駅の南2Kmほどの柳田に鎮座。
415号線に面して、南西向きに境内がある。

参拝は10月の早朝。日の出の頃。
鳥居をくぐり境内に入ると、社殿の灯りがオレンジ色に灯っていた。

鳥居の右手に「手向神社」と刻まれた社号標。
参道の右手には手水舎があり、左手に境内社。
『平成祭データ』には摂末社として金比羅社(崇徳天皇)の名が載っているが、
『富山県神社誌』では本殿の祭神として記されている。

参道を進むと、堂々とした社殿。
瓦葺入母屋造の拝殿があり、拝殿の後方の本殿は覆屋の中。
拝殿の扁額には「手向神社熊㙒宮」とあるが、
かっては熊野社とも荊宮(いばらのみや)とも称されていたらしい。

創祀年代は不詳。
『三代実録』に、元慶二年(878)五月八日、
「授越中国正六位上手向神従五位下」とある古社。

天保十五年十月十五日、神祇道管領長より
手向社熊野宮の神宣状を授与された。

『富山県神社誌』によると、元来、手向の神というのは、
開道の時に熊野大神に手向け給えた時の御名であるとあり、
万葉集の「多麻保許乃美知能可未多知麻比波世牟
(たまほこのみちのかみたちまいはせん)」は、
越中の美知能神(道の神)が手向けした神徳を詠ったものという。

氷見市内には、もう一つ手向と称する社があったが
現在、郷社・日吉神社に合祀されている。
ちょっと気になったが、そちらの社は国史見在社などの由緒はないのだろうか。

拝殿の屋根に、半分の菊紋と半分の桐紋を並べた紋が付けられていた。
当社の神紋だろうか。
左の菊紋は、半分なのに十二弁の花なのが面白い。


社頭

鳥居

境内社

境内

社殿

拝殿扁額

境内

本殿覆屋

社殿


最終更新日:2013/10/09
【 手向神社 (氷見市) 】

ボーダー




北陸地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
下新川郡 朝日町
下新川郡 入善町
滑川市
魚津市
高岡市
黒部市
射水市
小矢部市
中新川郡 上市町
中新川郡 立山町
砺波市
南砺市
氷見市
富山市

かほく市
羽咋郡 志賀町
羽咋郡 宝達志水町
羽咋市
加賀市
金沢市
鹿島郡 中能登町
七尾市
珠洲市
小松市
能美市
白山市
鳳珠郡 穴水町
鳳珠郡 能登町
輪島市

あわら市
おおい町
越前市
吉田郡 永平寺町
今立郡 池田町
坂井市
鯖江市
三方郡 美浜町
三方上中郡 若狭町
小浜市
大飯郡 高浜町
大野市
丹生郡 越前町
敦賀市
南条郡 南越前町
福井市