HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北陸地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


加志波良比古神社
かしはらひこじんじゃ
[石川旅行] 石川県珠洲市宝立町柏原40−35  Zenrin Data Com Maps display !!


西六條八つ藤

式内社 能登國珠洲郡 加志波良比古神社
旧郷社

御祭神
加志波良比古神 伊加志穗比古神
合祀
大山咋命 穴穂皇子 建甕槌命 天津児屋命 経津主命 大宮賣神
猿田比古神 倉稲魂命 天照皇大神 菅原道真 衣通姫神

石川県珠洲市にある。
のと鉄道能登線鵜飼駅の西1Km。
鵜飼川にそって遡ると、東向きの境内がある。
資料によると、「丸山と呼ばれる小高い丘」にあると記されているが、
丘というには低いようだが。

境内入口には石の鳥居と社号標が立ち、
境内奥に、ガラスに囲まれた社殿がある。

社伝によると、崇神天皇の御代に創建された神社。
祭神・加志波良比古神が当地に降臨し、
最初に見つけた島が「見附島」。
見附島は、鵜飼駅の東の沖に浮かぶ島。

その後、柏原(旧橿原)の丸山に登り
御行宮を造営したのが当社。

祭神は、加志波良比古神と伊加志穗比古神。
加志波良比古神がどのような神であるかは不明。
一説には素盞嗚尊の別名とし、
また橿原の地名から神武天皇であるとする説もある。

が、神武天皇が当地に漂着したという伝承はありえない話。
橿原の地に漂着し、当地開拓に功績のあった神とするのが妥当か。

伊加志穗比古神は、もと赤坂神社の祭神であったが、
いつの頃か、当社に合祀された神。

また、明治末年に近郷の小社を合祀したため、
大山咋命、穴穂皇子、建甕槌命天津児屋命経津主命大宮賣神
猿田比古神倉稲魂命天照皇大神菅原道真衣通姫神も合祀されている。

社殿などに八つ藤の紋が付いていた。
案内石碑にある「藤原保重」に関係するのだろうか。


社殿

社殿

境内

鳥居

社殿扁額

境内の神紋

加志波良比古神社由緒
御祭神加志波良比古大神
伊加志穗比古神
 本社は延喜式内の古社で、加志波良比古大 神が 御降臨の際 海上より渡航になり 始 めて発見された島を見附島と称し 陸に着か れたところを着崎といい それより 神楽畷 を経て神行 今の地に御鎮座という。
 古くは 近郷七十ヶ村の総社にして 摂末 社二十一社 神職十二人 社領一千石の大社 で 治承年中には 宮内権少輔 藤原保重が 勅使として参向したとも伝えられる。また室 町時代には 社人 社僧も多く 別当に神宮 寺があったともいわれていたが 天正の兵乱 で 神社は破壊され 次いで 宝永三年の火 事で 旧記 棟札等一切を焼失し昔日の面影 がなくなる。
 十七世紀の末期 広国村の 茂右衛門が  大願主となって お仮屋を建て 加志波良比 古神社の再興をはかる。
 明治五年五月 本殿造営 同年九月郷社に 列せられる。平成三年九月二十八日の台風に より 本殿 拝殿 鳥居等が壊滅的被害を受 けたが 氏子 有志等の浄財で 復興再建  平成五年五月二十三日慶賀祭を行う。
 尚本社の例祭は 四月二十三日であり  珠洲市式内社三座の一社である。

−社前石碑−



最終更新日:2013/10/09
【 加志波良比古神社 (珠洲市) 】

ボーダー




北陸地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
下新川郡 朝日町
下新川郡 入善町
滑川市
魚津市
高岡市
黒部市
射水市
小矢部市
中新川郡 上市町
中新川郡 立山町
砺波市
南砺市
氷見市
富山市

かほく市
羽咋郡 志賀町
羽咋郡 宝達志水町
羽咋市
加賀市
金沢市
鹿島郡 中能登町
七尾市
珠洲市
小松市
能美市
白山市
鳳珠郡 穴水町
鳳珠郡 能登町
輪島市

あわら市
おおい町
越前市
吉田郡 永平寺町
今立郡 池田町
坂井市
鯖江市
三方郡 美浜町
三方上中郡 若狭町
小浜市
大飯郡 高浜町
大野市
丹生郡 越前町
敦賀市
南条郡 南越前町
福井市