HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北陸地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


楢本神社
ならもとじんじゃ
[石川旅行] 石川県白山市上柏野町イ89  Zenrin Data Com Maps display !!


丸に三つ巴

式内社 加賀國石川郡 楢本神社
旧村社

御祭神
不詳
比古伊邪許志別命 あるいは 日本武尊

石川県白山市上柏野。
JR加賀笠間駅から、南東に2Kmの町中に鎮座。
国道8号線の南側、路地の奥にある。

拝殿前には、「産の樹(うんのき)」と呼ばれる立派な欅の神木があり、
白山市指定文化財となっている。

楢本神社の論社は、三社あり、距離も近い。

楢本神社(下柏野) 楢本神社(上柏野) 楢本神社(宮丸)

明治には論争があり、特に下柏野と宮丸は、激しく争った。
困惑した石川県は、占いによって神慮を伺うこととしたそうだ。

現在は、数Km南を流れている大河・手取川だが、
昔、このあたりは、その流域地帯であったらしく、
度々の氾濫によって、町々の離散廃滅が甚だしかった。
そういう事情によって、楢本神社も遷座・分祀を繰り返し、
複数の論社が生まれることになったのだろう。

創祀年代は不詳。

当社は、昔、乙剣社と称していたが、
明治になって、楢本神社と改称し、式内論争に加わった。
(『石川縣神社誌』では、明治まで舘社と称していたとある。)

社殿の横に、昔の鬼瓦が置いてあり、丸に巴紋がついていた。
神紋かどうかは、未確認。
鳥居と注連縄を見て、なぜか「カッコいい」と思った。


境内

拝殿

瓦に巴紋

鳥居扁額

拝殿前に「産の樹」

本殿覆屋

楢本神社由緒
 村社にして創立年代明らかでない。初め乙剣社と呼ぶが 明治十四年に楢本神社を再建する。明治三十九年十二月二 十九日神饌幣帛供進神社に指定された。
 社記に祭神は御膳氏の祖比古伊邪許志別命と云う説があ るが確証は見当らない。
 社伝によると往古は御饌社と名付け、大社にして社地広 大、御供物準備する建物と接続し、老楢・古柏密林をなし て社域を守る。当社は延喜式神名帳記載の旧社(式内社) としても、近郷の住民に大変尊敬されていた。寿永二年後 鳥羽天皇時代(八百二年前)に、手取川大洪水となり、社 殿ことごとく流出し、現在地に移された。
 口伝えでは往古御膳氏の遠祖屋主思命の孫、市入命国造 としてこの地に居住し、当社に奉仕、後に訳があって僧と なり宝山院と名乗る。代々当社の社僧を務める。そして御 膳の榊葉を諸国に神社に納めたといわれる。現在御膳の館 という地はその居館のあった所ではいかと思われる。
解説
一、御膳氏とは
日本書紀によると紀元一二三年頃、奈良県生駒郡斑鳩地 方に本拠を置き、天皇家の台所関係をつかさどった古代 豪族で、聖徳太子や弟久米王の妃を出した家柄である。 その一族が当時の政府より北陸へ派遣され、北朝鮮(高 句麗)から来る使者の接待をして、当地に居所を定めた と思われる。
一、式内社とは
醍醐天皇の命により紀元九百五年(一千有余年前)国の 台帳に載せられた古い神社のことである。
明治七年松任市にある三つの楢本神社が「当神社こそ本 物の式内社」と、互いに競り合い、時の県令(県知事) が地元に対し、あるゆる古文書を提出させ、証拠書類を 取り上げて、最後に「おみくじ」で決めたという汚点が あるが故に、敢えて式内社と記す。  謹書

昭和六十一年三月二十日 上柏野町楢本神社氏子総代

−境内案内−



最終更新日:2013/10/09
【 楢本神社 (上柏野) 】

ボーダー




北陸地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
下新川郡 朝日町
下新川郡 入善町
滑川市
魚津市
高岡市
黒部市
射水市
小矢部市
中新川郡 上市町
中新川郡 立山町
砺波市
南砺市
氷見市
富山市

かほく市
羽咋郡 志賀町
羽咋郡 宝達志水町
羽咋市
加賀市
金沢市
鹿島郡 中能登町
七尾市
珠洲市
小松市
能美市
白山市
鳳珠郡 穴水町
鳳珠郡 能登町
輪島市

あわら市
おおい町
越前市
吉田郡 永平寺町
今立郡 池田町
坂井市
鯖江市
三方郡 美浜町
三方上中郡 若狭町
小浜市
大飯郡 高浜町
大野市
丹生郡 越前町
敦賀市
南条郡 南越前町
福井市