HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北陸地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


白鳥神社
しらとりじんじゃ
[富山旅行] 富山県富山市寺町字向田122  Zenrin Data Com Maps display !!


三つ巴

式内社 越中國婦負郡 白鳥神社
旧村社

御祭神
日本武尊

富山県富山市寺町にある。
西富山駅の南西500mほどの、県道沿い。
寺町公民館の横に鎮座。

北西1Kmには白鳥峰と呼ばれた城山(146m)。
背後には、旧神通川である古川が流れ、
今は、すっかり市街地なのだが、良い場所にある。

社名の「白鳥」の由来について、
社伝では、神使いの白鷹の生息地だったという。

『日本書紀』に、仲哀天皇即位の後、
白鳥となった、父(日本武尊)の霊を慕い、
諸国から白鳥を献上させた。

越国からは四羽が献上されたが、
その白鳥の地が当社であるとする説もある。

城山は、神保氏の居城跡。
当地の周囲には、他にも大峪城跡や、安田城跡など、
軍事設備が集中していた場所。
日本武尊を祀るには相応しい土地だろう。


鳥居

拝殿

拝殿

本殿

本殿

白鳥神社と寺町集落の由来
 白鳥神社の祭神は日本武尊で社の名を昔か らこの地に生息していた白い鷹を神の使いと して敬っていたことから白鳥神社と称されて 来ました また呉羽山丘陵の最高峰の麓にこ の神社があったことから社の名に肖つて山頂 の城を白鳥城と呼称されています
 白鳥神社の歴史と共に歩んで来たのは社の 後方南側の古川であります 旧神通川の廃川 で大正末期(一九二〇年)頃までは暴れ河で 現在は改修後の神通川に合流しています
 寺町の由来は記述によると応仁二年(一二 九四年)頃に臨済宗本山東福寺(京都)の竺 山禅師がこの地に滞まり通称「万松山崇聖寺」を 創建して約三百年(一六〇〇年頃)栄えてい てその門前集落を寺町と称することになった と伝えられて来ました

−社頭石碑−



最終更新日:2013/10/09
【 白鳥神社 (富山市寺町) 】

ボーダー




北陸地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
下新川郡 朝日町
下新川郡 入善町
滑川市
魚津市
高岡市
黒部市
射水市
小矢部市
中新川郡 上市町
中新川郡 立山町
砺波市
南砺市
氷見市
富山市

かほく市
羽咋郡 志賀町
羽咋郡 宝達志水町
羽咋市
加賀市
金沢市
鹿島郡 中能登町
七尾市
珠洲市
小松市
能美市
白山市
鳳珠郡 穴水町
鳳珠郡 能登町
輪島市

あわら市
おおい町
越前市
吉田郡 永平寺町
今立郡 池田町
坂井市
鯖江市
三方郡 美浜町
三方上中郡 若狭町
小浜市
大飯郡 高浜町
大野市
丹生郡 越前町
敦賀市
南条郡 南越前町
福井市