HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北陸地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


加茂神社
かもじんじゃ
[富山旅行] 富山県射水市加茂中部630  Zenrin Data Com Maps display !!


丸に蔓葵

旧郷社

御祭神
玉依姫命 賀茂建角身命 賀茂別雷命

富山県射水市(旧下村)にある。
北陸本線・呉羽駅の北西4Kmほどの加茂中部に鎮座。
41号線の加茂交差点から西へ入る。
射水市役所下庁舎(旧下村役場?)から西へ500mほどの場所。

参道入口は南東向き。
入口の左手に「左隣接地倉垣庄庄館館趾」と刻まれた石碑が立っているが
左手は広い空き地。北側に下村馬事公園があるが、そのあたりだろうか。

参道入口から200mほどありそうな参道を進むと中間地点に鳥居。
この長い参道で流鏑馬神事などが行われているのだろうか。
鳥居の脇には「倉垣庄之總社加茂神社」と刻まれた社号標。
さらに参道を進むと、社殿のある境内入口にも鳥居。

境内は広く清潔に維持されている。
文化財に指定されている祭事が行われているらしく、
維持管理が行き届いている印象。

社殿の向かい側と境内左手に御旅所が2カ所。
手前の御旅所は加茂祭の御旅所、左手は御田植祭の御旅所。
祭によって御旅所が違うのが面白い。

拝殿は瓦葺入母屋造平入。
背後の本殿は樹木が茂っていて撮影でき無かったが流造のようだ。

当社は「下村の脚気の宮」とも称されており、
脚気に霊験のある神社として有名らしい。

社伝によると、第七十代後冷泉天皇の治暦二年(1066)の創祀。
賀茂御祖神社の御神領(御厨)であった倉垣庄の総社として崇敬された古社。

よって祭神は、京都下鴨・賀茂御祖神社玉依姫命賀茂建角身命と、
京都上賀茂・賀茂別雷神社賀茂別雷命

牛乗式などが行われる加茂祭「やんさんま」や御田植祭は富山県指定無形民俗文化財、
稚児舞は国の重要無形民俗文化財に指定されている。

昭和二十年五月、郷社に列せられた。

参道脇の神馬像に蔓葵の神紋が付けられている。
葵紋は加茂社特有の神紋。

参道脇に境内社が二つ。
任海社(高龗神)と貴布禰社(闇龗神)。
境内には稲穂神社(天照皇大神 豐受大神)が祀られている。


境内左手の下村馬事公園

参道入口

参道

参道鳥居

参道神馬像に神紋

参道

境内

拝殿

境内

加茂祭の御旅所

御田植祭の御旅所

貴布禰社

任海社

稲穂神社

祭事館葵

越中国
倉垣庄
総社 加茂神社
 御祭神
 玉依姫命
 賀茂建角身命
 賀茂別雷命
(たまよりひめのみこと)
(かもたけつぬみのみこと)
(かもわけいかづちのみこと)
 由緒
 当加茂神社は、第七十代後冷泉天皇の治暦二(一〇六六)年、現社地 に鎮斎されたものであり、加茂御祖(みおや)神社(京都・下鴨神社) の御神領「倉垣庄(くらがきのしょう)」の総社であった。
 この倉垣庄の広がりは、下村内はもとよりおおむね下条川の右岸に 広がっており柳瀬・古明神・海老江・打出本江・北代・東老田・中老 田・願海寺・黒河・戸破・大江・小白石など三十八か村に及んでいた。
 御祭神に対する信仰は往古から甚だ篤く、御神徳は、五穀豊饒、殖 産興業、進学成就、安産、交通安全、家内安全、病難災厄除けなど多 方面にわたる。ことに脚気病に霊験顕著なるをもって、「下村の脚気 の宮」と称して全国的に多数の特殊信仰者を有している。

◇主な年中祭祀
 新年慶賀祭 (一月一日、午前十時)
 参拝者は、まず神前において拝礼する。拝礼が終わると行酒役は、 禮酒(ひとよ酒、甘酒)を勧める。
 祭式が執行され、修祓に次いで献饌となり、本殿で宮司が祝詞を奏 上すると、読み上げ役が、幣殿中央に供えられた塩鰤五本の鰭を順に 立てる「鰤の鰭立て」を行う。次に読み上げ役は、右手で鰤の頭を持 ち、左手で尾の付け根を持ち、それを目通りまで捧げ上げ、献納した 地区名「加茂」と読み上げ元の位置に置く。他の四本の鰤も同様にし ながら「加茂」「加茂」「小杉」「柳瀬」と読み上げていく。
 その後、「献酒披露式」が行われる。祝い歳(五歳の裃祝い、還暦、 喜寿‥)と厄年の氏子や他の氏子等から献供された神酒や山海の幸を、 宮司が神前で一つ一つ読み上げ披露する。
 疲労が終わると、神前で「鏡餅開き」と「鰤の料理」が行われる。
 『鏡餅開き』…口紙をした鏡餅開き役が、餅切り盤の前に座り、大鏡餅等を氏子の戸数に切る。
 『鰤の料理』…口紙をした鰤の料理役が、大爼の前に座り、加茂の鰤三本を氏子の戸数に合わせて切る。
 鏡餅と鰤は、神社委員によって氏子各戸に配分される。各家庭では これを炙って家族全員が、「家内安全・無病息災」を祈って食する。

 左義長祭 (一月十四日、午後六時)
 鳥追い行事 (一月十五日、午前一時)
 五穀豊饒祭 (一月十五日、午前六時)
 鎮火祭 (二月一日、午前十時)
 祈年祭 (二月十七日、午前十時)
 加茂祭 (五月四日、午後二時)
 御田植祭 (六月初卯、午前十時)
 蟲送祭 (七月上旬、午前十時)
 稚児祭 (九月四日、午後二時)
 新嘗祭 (十一月二十三日、午前十時)

−参道由緒書−



加茂神社
御神徳
玉依姫命は賀茂建角身命の御子神にして、賀茂別雷命の御母神であり、婦道に御功績が多かった。賀茂建角身命は、神武天皇の御東遷に際して金鵄・八咫烏としてその霊徳を表され、建国創業をたすけ、民生の安定に貢献されるとともに、雄々しい賀茂別雷命とともに農耕殖産の道を教えられた。この神々に対する皇室の崇敬は厚く、千数百年の伝統を誇る葵祭は、勅祭として今も昔ながらに継承斎行されている。当加茂神社は、第七十代後冷泉天皇の治暦二(一〇六六)年、現在地に鎮座されたものであり、賀茂御祖神社の御神領・倉垣庄の総社である。御祭神に対する信仰は往古から甚だ厚く、大正元年に富山日報社が県内社寺のうち最も信仰厚い五神社、五寺院の投票を募集した際、当神社が最高点で当選したことからも伺い知ることができる。五穀豊穣、殖産興業、進学成就、安産、交通安全、家内安全、病難災厄除けなど、多方面にわたる御神徳、ことに脚気病に霊験顕著なるをもって「下村の脚気の宮」と称し、全国的に多数の特殊信仰者有している。

−『平成祭データ』−



最終更新日:2013/11/24
【 加茂神社 (射水市) 】

ボーダー




北陸地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
下新川郡 朝日町
下新川郡 入善町
滑川市
魚津市
高岡市
黒部市
射水市
小矢部市
中新川郡 上市町
中新川郡 立山町
砺波市
南砺市
氷見市
富山市

かほく市
羽咋郡 志賀町
羽咋郡 宝達志水町
羽咋市
加賀市
金沢市
鹿島郡 中能登町
七尾市
珠洲市
小松市
能美市
白山市
鳳珠郡 穴水町
鳳珠郡 能登町
輪島市

あわら市
おおい町
越前市
吉田郡 永平寺町
今立郡 池田町
坂井市
鯖江市
三方郡 美浜町
三方上中郡 若狭町
小浜市
大飯郡 高浜町
大野市
丹生郡 越前町
敦賀市
南条郡 南越前町
福井市