HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北陸地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


額西神社
ぬかにしじんじゃ
[石川旅行] 石川県金沢市額乙丸町イ−31−1  Zenrin Data Com Maps display !!


剣梅鉢

式内社 加賀國石川郡 額西神社
旧村社

御祭神
伊邪那美命

金沢市の南西部に位置する額乙丸にある。
北陸鉄道石川線乙丸駅の東500mほどの場所。
道路を少し南へ入った所にある。
北陸鉄道石川線を南下すると、白山比咩神社のある加賀一の宮へ続く。
当社の東500mの位置に、式内・額東神社が鎮座している。

神護景雲二年の創祀。
式内社・額西神社に比定されている古社。
往古は藪田明神と称していた。

額谷地区の東西に、額東神社、額西神社が鎮座しており、額地方の守護神。
加賀藩士柴野美啓による『亀の尾の記』には、
「額」とは不毛の地の事とあり、
不毛な谷あいの地を開拓した人々の守護神であった。

江戸時代には富山派の山伏・宝高寺が奉仕し、
明治までは、十一面観世音を奉祀していたともいう。

額東神社の祭神を伊邪那岐命としたのに対し、
当社祭神を伊邪那美命にしたもの。

二月の参拝。境内は、雪に覆われていた。

社殿の右手に石祠があり、そばに盤持石という石碑があったが、
由緒・謂れは不明。石祠の中に力石が入っているのだろうか。

額東神社が南面して鎮座していたのに対し、
当社は、西を向いている。
本殿は覆屋に囲まれ、確認できなかった。


社頭

境内

拝殿

境内の石祠

本殿

盤持石

 神社明細帳等によれば、額東神社と同じく神護 景雲二年(七六八)の創立と博へ、往古は額七ケ村(額東神 社の條で記したごとく大額・額谷・額乙丸・額新保・額三十苅・ 額助九・額栗林の七村)の總社と仰がれ、中世は守護の富樫 氏が社殿の造営をなす等深く崇敬するところがあつたとい ふ。額東神社とならんで額地方の守護神として著聞し、往 昔は社地も廣大で三千歩もあつたといふが、近世以降は額 乙丸一村の産土社たるにとどまり、明治初年には無格社、 同十八年に村社となつた。神饌幣帛料供進神社に指定され たのは昭和十五年八月である。

−『式内社調査報告』−



最終更新日:2013/10/09
【 額西神社 】

ボーダー




北陸地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
下新川郡 朝日町
下新川郡 入善町
滑川市
魚津市
高岡市
黒部市
射水市
小矢部市
中新川郡 上市町
中新川郡 立山町
砺波市
南砺市
氷見市
富山市

かほく市
羽咋郡 志賀町
羽咋郡 宝達志水町
羽咋市
加賀市
金沢市
鹿島郡 中能登町
七尾市
珠洲市
小松市
能美市
白山市
鳳珠郡 穴水町
鳳珠郡 能登町
輪島市

あわら市
おおい町
越前市
吉田郡 永平寺町
今立郡 池田町
坂井市
鯖江市
三方郡 美浜町
三方上中郡 若狭町
小浜市
大飯郡 高浜町
大野市
丹生郡 越前町
敦賀市
南条郡 南越前町
福井市