HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北陸地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


荊波神社
うばらじんじゃ
[富山旅行] 富山県南砺市岩木5024  Zenrin Data Com Maps display !!


荊紋?

式内社 越中國礪波郡 荊波神社
旧村社

御祭神
日子刺肩別命
配祀
底津海積命 中津海積命 表津海積命
合祀
應神天皇 建御名方命

富山県南砺市(旧福光町)にある。
城端線・東石黒駅の西2Kmほどの岩木に鎮座。
285号線を進み、小矢部川を渡って、少し北へ入った場所、
小矢部川左岸の山麓に境内がある。

境内入口は南東向き。
社前の道路が少し広くなっているので、そこに車を止めて参拝開始。
数段の階段を登ると鳥居があり、鳥居をくぐると広い、というか奥深い境内。
参道を進むと瓦葺の社殿があるが、この社殿は拝殿と幣殿。
当社の本殿は奥宮・奥の院とも呼ばれ、拝殿の後方、約200mほどの場所にある。

拝殿の右手から雑草の茂った山道を登って行くと、
木製の鳥居が立っており、切妻造の本殿がポツンと鎮座している。
念のため、本殿の扁額を確認すると「荊波神社」と書かれていた。

その本殿の後方約50mの場所に「利波臣志瑠志古墳」という塚がある。
利波臣志瑠志とは、当社祭神・日子刺肩別命を祖とする古代の当地の豪族。
以前は、その前方後円墳だと考えられていたが、
最近の調査によって古墳ではなく経塚であると改められ、
「記塚」と呼ばれるようになったらしい。

創祀年代は不詳。
式内社・荊波神社の論社とされている古社。
日子刺肩別命を祖とする当地開拓の祖である利波臣志留志が、
当社の創建に関ったと考えられている。

江戸時代には、荊波神社冨士権現とも称され、山岳信仰の広がりにより、
多くの修験道の山伏を擁して、利波の臣に連なる石黒郷の総社として崇敬された神社。

中鳥居野という地には、昔、中鳥居があったと伝えられ、
「荊波領」と 刻まれた礎石も発掘された。
また、小矢部川を隔てた桐木村田畠字荊波島は大鳥居の跡という。

配祀の綿津見神底津海積命中津海積命表津海積命)は
河川を鎮める神として祀られているらしいが、
『富山県神社誌』などには、底筒男命中筒男命表筒男命と記され、
住吉三神と混同されているようだ。

明治になって、冨士権現の称をやめて荊波神社とし、
明治四十一年、村内の八幡社および境内社の諏訪神社を合祀した。

当社の神紋について。
神馬像や社殿の屋根に、植物の葉の紋が付いていた。
参拝時には、梶紋だと思っていたが、撮影した写真をよく見ると、
梶紋とは葉の様子がちょっと違う。
ひょっとすると、荊(茨)の葉を図案化した紋なのだろうか。

個人的には、そうであって欲しいと思うが、手持ちの資料にも情報はないので、
結局、神紋に関しては未確認なのだ。

参拝を終え、社前に停めていた車に乗った時、
車の脇に立っていた「熊出没注意」と書かれた看板が目に入った。
何も知らずに、塚までの山道を登っていたんだな。
これからは、もっと周辺の看板などに注意して参拝しよう。


社頭

鳥居

境内

境内

神馬像

梶紋?荊紋?

境内社殿

拝殿

拝殿幣殿を上から

本殿への参道

鳥居

本殿(奥宮)

本殿扁額

本殿横から

利波臣志留志古墳(記塚)

荊波神社由緒
○鎮座地西砺波郡福光町岩木中宮谷嶋五、〇二四番地
○御祭神日子刺肩別命(主祭神)
底津海積命中津海積命表津海積命應神天皇建御名方命
○由緒
「延喜式神名帳」(九二八年)に越中国砺波郡七座の内に『荊波神社』とあり、うばら ともやぶなみとも併記してあるが今日殆ど「荊波うばら神社」と呼ばれている。荊波神社の 主祭神、日子刺肩別命は古事記に「高志(現在の北陸地方)之利波臣之祖也」と記されている。
当社の御創建は甚だ古く不詳であるが、古記録から元正天皇の養老年間(七二〇年頃) かそれ以前の時代に御創建されたものと推察され、これには日子刺肩別命を御祖先神 と祀る利波臣志留志(墳墓は奥宮後背地)が大いに関ったと思われる。
その後山岳信仰の広がりと共に大社として多くの修験道の山伏を擁し 石黒郷二十七ヶ村の惣社として崇敬を集め、荊波神社冨士権現とも称し近隣各村にも 冨士社が勧請されたと云ふ。このように神佛混淆の僧(山伏)により守り伝へられ やがて明治維新を迎え古の随神の道に復し『荊波神社』に戻り今日に至るものであるが、 往時は「花祭り」秋は「盤持祭り」等氏子村民挙りて祝ふところと今に伝はるものである。 猶、当岩木村畑宮中鳥居野は中鳥居の在った所と云はれこの地から「荊波領」と 刻まれた礎石も発掘され、また小矢部川を隔てた桐木村田畠字荊波島は大鳥居の跡とも 云はれ、これらは本殿(奥宮)拝幣殿より一線に結ばれるものである。
底津海積命、中津海積命、表津海積命は古耒河川を鎮める神々として祀られ、 應神天皇は当村八幡社の御祭神で、建御名方命は同社境内社諏訪神社の御祭神 二社共に由緒不詳且維持不備の為神威の汚れるを恐れ、明治末年二社を荊波神社に合祀せり。
荊波神社の所在地は古耒諸説があり今日尚不詳とされるが、神社及び周囲の環境、 神域の形態等々から推し量っても中古の頃より幾度かの戦火或は河川の氾濫等を避けて 現在の場所に御鎮座になったものと思はれる。

−境内由緒書を一部修正しました−



南砺市指定文化財
史跡 記塚と出土品
昭和三四年一一月 五日指定
平成一八年一一月二八日名称変更
荊波神社の奥の院後方に、記塚と呼ばれる径約九m、高さ一・五mの塚がある。 明治期に周辺から陶器や刀子、銅板金などが出土し、それらの出土品は、現在、 神社で保管されている。
大正期には、奈良東大寺の盧舎那仏建立に尽力した豪族、利波臣志瑠志の 前方後円墳であるといわれ、昭和三四年に「志瑠志の古墳と発掘物」として 文化財指定された。しかし、平成五年の測量調査の結果から、古墳の可能性は 低いことがわかり、経塚として名称変更を行った。出土品は珠洲焼の壷と 片口鉢、刀子、平安時代後期の鏡、銅板製の経筒等で、珠洲焼などの年代から 一二世紀中ごろと推定され、県下でも古い経塚埋納品と考えられている。

−境内案内板−



最終更新日:2013/11/08
【 荊波神社 (南砺市) 】

ボーダー




北陸地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
下新川郡 朝日町
下新川郡 入善町
滑川市
魚津市
高岡市
黒部市
射水市
小矢部市
中新川郡 上市町
中新川郡 立山町
砺波市
南砺市
氷見市
富山市

かほく市
羽咋郡 志賀町
羽咋郡 宝達志水町
羽咋市
加賀市
金沢市
鹿島郡 中能登町
七尾市
珠洲市
小松市
能美市
白山市
鳳珠郡 穴水町
鳳珠郡 能登町
輪島市

あわら市
おおい町
越前市
吉田郡 永平寺町
今立郡 池田町
坂井市
鯖江市
三方郡 美浜町
三方上中郡 若狭町
小浜市
大飯郡 高浜町
大野市
丹生郡 越前町
敦賀市
南条郡 南越前町
福井市