HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北陸地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


能登生國玉比古神社
のといくくにたまひこじんじゃ
[石川旅行] 石川県七尾市所口町ハ48  Zenrin Data Com Maps display !!


丸に桜

式内社 能登國能登郡 能登生國玉比古神社
旧県社

御祭神
大己貴神
配祀 素戔嗚尊 奇稻田姫命
合祀
事代主神 底筒男神 中筒男神 上筒男神
建御名方命 多遲摩毛理命

石川県七尾市にある。
七尾駅の南500mほどの所口に鎮座。

境内入口の鳥居の横に、保育園のピンクの建物があり、
一瞬驚くが、見なかったことにして参道を進むと、
小さな石橋の奥に神門、その奥に社殿が見える。

境内は広く、参道も長く、木々の茂っており、
古社の趣がある良い神社なのだが、なぜピンクなのだろう。
神紋の桜を象徴しているわけでもなさそうだが。

社伝によれば、
祭神・大己貴神が出雲国より所口の地に至り、
人々を苦しめていた、湖に棲む毒蛇を退治し、
当地に垂迹した。
よって当社を本宮と称す。

社殿は孝元天皇の御代に創建されたという。

崇神天皇の御代に、当社祭神を分霊し、
羽咋郡に勧請して気多神社を創建された、
よって当社を気多本宮と称するようになったという。

式内社・能登生國玉比古神社の論社の一つ。

社殿には桜の神紋が付けられていた。
気多神社も同じ桜紋を使用している。

境内には幾つかの境内社があるが、詳細は不明。
『平成祭データ』には、末社として
御門神社、稲荷神社、菅原神社、鍛冶祖神社の名が記されている。


境内入口

神門と社殿

社殿

境内

石橋と神門

神門から社殿

拝殿扁額に「氣多本宮」

稲荷神社

その他の境内社

 延喜式に見られる能登生国玉比古神社といわれ、孝元天皇の創祀という。
 崇神天皇が当社の祭神を分霊し、羽咋郡竹津浦に勧請し気多神社とされた故に、当社を気多本宮と称する。
 天正年間に前田利家旧社地所口より現在の所口へ遷された。
 明治五年三月二十三日県社に列し、同三十九年十二月二十九日神饌幣帛料供進神社に指定された。
 大正十二年神門及び拝殿を銅葺とし、昭和四十二年より四十六年に亘り社殿を大修理した。

−『平成祭データ』−



最終更新日:2013/10/09
【 能登生国玉比古神社 能登生國玉比古神社 氣多本宮 気多本宮 】

ボーダー




北陸地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
下新川郡 朝日町
下新川郡 入善町
滑川市
魚津市
高岡市
黒部市
射水市
小矢部市
中新川郡 上市町
中新川郡 立山町
砺波市
南砺市
氷見市
富山市

かほく市
羽咋郡 志賀町
羽咋郡 宝達志水町
羽咋市
加賀市
金沢市
鹿島郡 中能登町
七尾市
珠洲市
小松市
能美市
白山市
鳳珠郡 穴水町
鳳珠郡 能登町
輪島市

あわら市
おおい町
越前市
吉田郡 永平寺町
今立郡 池田町
坂井市
鯖江市
三方郡 美浜町
三方上中郡 若狭町
小浜市
大飯郡 高浜町
大野市
丹生郡 越前町
敦賀市
南条郡 南越前町
福井市