HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北陸地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


栴谷神社
せんたにじんじゃ
[富山旅行] 富山県砺波市井栗谷6585  Zenrin Data Com Maps display !!
いもが家に いくりの杜の藤の花 今こむ春も 常かくし見む

旧村社

御祭神
天照皇大神 誉田別尊 神功皇后

富山県砺波市にある。
砺波駅の南東9Kmほどの井栗谷に鎮座。
17号線から25号線に入り、雄神大橋を渡って庄川を越え、
井栗谷トンネルを抜けたところ、25号線の東側に境内がある。

境内入口は南西向き。
鳥居をくぐり境内に入ると左手に手水舎。
右手に社号標と万葉歌碑がある。当社は万葉集に
いもが家に いくりの杜の藤の花 今こむ春も 常かくし見む」と歌われた伊久里の杜。
ただし、伊久里の杜の万葉和歌については
越中説の他に、大和説越後説などがあり定かではないらしい。

参道を進むと参道右手に綽如杉(しゃくにゅすぎ)。
明徳元年(1390)井波町瑞泉寺を開いた綽如上人の手植えの杉と伝えられている。

参道正面には瓦葺流造の拝殿があり、拝殿の扁額には「八幡宮 神明宮」とある。
本殿は拝殿の後方の覆屋の中。参拝した時には前面の扉が開けられていた。

『富山県神社誌』によると、
明治四十二年、神明宮と八幡宮を合祀して栴谷神社と改称した神社。
正徳二年(1712)の氏神帳には
「八幡支配 此歩数貮百歩程 神明支配 此歩数三百歩程」とあるらしい。

では、神明宮と八幡宮の元の場所はどこだったのか、
「伊久里の杜」と呼ばれたのは、どちらの社だったのか、
など、いろいろと疑問はあるが、詳細は調べていない。

「伊久里の杜」の候補地である大和説(穴栗神社)
越後説(伊久礼神社)には参拝していたので、越中説の当社にも参拝してみた。

参拝を終え、万葉集にも歌われた藤の花を探したが見当たらず。
参拝は10月末で、植物には詳しくないので見逃したのだろう。
境内の案内では「古くから藤の花の名称所として親しまれている」とあり、
『富山県神社誌』にも「大藤」があると記されている。


社頭

境内入口の鳥居

手水舎

境内

社殿と綽如杉

拝殿

扁額

社殿

本殿

社号標と万葉歌碑


最終更新日:2014/11/06
【 栴谷神社 (砺波市) 】

ボーダー




北陸地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
下新川郡 朝日町
下新川郡 入善町
滑川市
魚津市
高岡市
黒部市
射水市
小矢部市
中新川郡 上市町
中新川郡 立山町
砺波市
南砺市
氷見市
富山市

かほく市
羽咋郡 志賀町
羽咋郡 宝達志水町
羽咋市
加賀市
金沢市
鹿島郡 中能登町
七尾市
珠洲市
小松市
能美市
白山市
鳳珠郡 穴水町
鳳珠郡 能登町
輪島市

あわら市
おおい町
越前市
吉田郡 永平寺町
今立郡 池田町
坂井市
鯖江市
三方郡 美浜町
三方上中郡 若狭町
小浜市
大飯郡 高浜町
大野市
丹生郡 越前町
敦賀市
南条郡 南越前町
福井市