HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


白石神社
しらいしじんじゃ
[三重旅行] 三重県伊賀市槙山字根組原385  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 伊賀國阿拝郡 眞木山神社

御祭神
不詳

三重県伊賀市にある。
阿山支所から北西に5Kmほどにある槙山から、
さらに西へ3Kmほど進み、白石山方面への道を山頂目指して2Km。
県境に近い道路の右手に境内入口があり、奥に祠がある。

参道入口には「舊跡保存・白石神社」と書かれた石碑があり、
周囲に石鳥居の残骸があったところを見ると、以前は立派な石鳥居だったようだ。

式内・真木山神社の古社地ということで、
槙山にある真木山神社参拝後に、当地を目指す。
『式内社調査報告』には、西方5Kmとあるだけで、
地図にも記されておらず、辿り着けるという期待はなかった。

三重と滋賀の県境にあたるこの周囲の山々は、
松茸がとれるようで、山中へ向うほとんどの道路には、
無断立入禁止という表示・案内。

山へ向う道へ入っては、その案内表示で後戻り、
別の道を探しながら、どうにか入れそうな道を進む。

途中、硝子会社の私有地らしき案内を見たが、通行止めではなかったので、
未舗装の山道を登っていく。
登り道を見つけては、車を停め、歩いて上ると、通行止め。
いい加減、諦めかけた頃、道の横に木の鳥居を見つけ、
続いて、石碑を発見した。
知っていれば、けっして難しい道程ではないのだが。

創祀年代・由来は不明。

『伊水温故』の真木山神社の項に、
「白石ト云所、村ヨリ遥隔有、
其所一色白石ノ巌ニシテ無双ノ風體ナリ。
昔ハ此所ニ社頭有ガ故ニ稱白石明神
天正火災以後、今ノ地ニ迂ス。」
とある。

祠の周囲には今でも白い石が転がっており、
この白石を持ち帰ると祟りがあるとされ、
祠にも白石が幾つかのせられていた。
が、最近は硝子原料として採掘され、
社地から更に道を進むと、鉱山になっている。

また、この白石山・御仁ヶ平は、
神武天皇東征の折、八咫烏が止まったという伝承地である。


参道入口

参道石碑、
舊跡保存・白石神社


参道


参道

社殿

社殿

社殿に白い石

境内にも白い石

当社白石神社を探している時に、別の鳥居を発見。
ただし、鳥居の奥はビーニールの紐で結界されており、
鳥居の傍に「立入禁止」の告知が立っていた。

どうやら、周囲は松茸山で入山が禁止されている様子。
しばらく迷ったが、荷物を車に残し、カメラだけ持って少しだけ入ってみた。
すると、すぐに社殿があり天満宮だと知った。
白石神社を探していたので、少しガッカリしながら参拝。
白石神社は、真木山神社に合祀されているのだが、
当社は、同時期に合祀された天満社なのかもしれない。


立入禁止

鳥居

天満宮


最終更新日:2013/10/09
【 白石神社 (伊賀市) 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市