HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


津長神社
つながじんじゃ
[三重旅行] 三重県伊勢市宇治今在家林崎163−1  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 伊勢國度會郡 津長大水神社
皇大神宮摂社

御祭神
栖長比賣命(すながひめのみこと:大水上の子)

御同座社
皇大神宮末社 新川神社 にいかわ 新川比賣命
皇大神宮末社 石井神社 いわい 高水上命

五十鈴川を挟んで、内宮の対岸にある。
すぐ南隣に、饗土橋姫神社が鎮座している。

津長神社饗土橋姫神社大水神社と並んでおり、
参拝はかなり楽だった。

皇大神宮の摂社で、式内社・津長大水神社に比定される古社。

垂仁天皇の御宇、倭姫命が御船を泊留したことにより、
当地を津長原といい、津長社を定めたという。

だが、中世の頃に衰微してしまい、社地は畑となってしまったらしい。
後、寛文三年に現社地に再興された。

皇大神宮末社である新川神社、石井神社が同座(合祀)に祀られている。
両社とも別の場所に祀られていたが、廃絶してしまったようだ。


境内

『皇大神宮儀式帳』に「称大水上兒栖長比女命、形石 坐、倭姫内親王代定祝」とし『伊勢二所太神宮神名秘書』 は「大水上兒」とのみ記す。『類聚神祇本源』では「称大 水上兒栖長比女命、形石坐、同御世定祝」とし『大神宮叢 書本』では長の字が脱してゐた為、儀式帳に據りこれを補 つてゐる。『大神宮儀式解』は「栖長比女命を都奈賀比咩 乃美古等と訓べし。栖長は地名、即津長の借字なり。比女 は女の称なり(中略)一本柄長を栖長とす。これも可し」 とし神社の鎮座する宇治今在家町の古名津長川原と云ふ地 名に引かれ、それを社号としたのであると考へた。『神宮 典略』の説は「柄一本に栖とあり、柄は恵にて津とは訓が たし。栖は須と國巣を國栖と応神紀にあり。訓べく須と津は通音なれば此 栖字や然るべからんか」と述べ津長は地名にあらずと聞く が、神名より出た名か或いは地名から神名になつたものか 未だ推考できないとしてゐる。又『神名帳考證』(度会延経)に 「綱長井神 栖長比女命」とあるを『神名帳考證再考』 は「綱長井神ハ禁中神祇官に祭る處俗に云井戸神也綱長く して汲の水を云」と解した。『勢陽五鈴遺響』は津長神社 の解説を相当詳しく記し「祭神大水上兒栖長比賣命(中略) 祭神栖長比賣命モ五十鈴河ノ洲崎ノ長ク指入タル處ニ坐ス 故ノ号ニシテ栖ハ洲長ナリ」と云ひ『倭姫命世記』に見え る「御船泊利在志所乎津長原止號支其所爾栖長姫神社定給 支」の記述に據つて栖長比賣命は即倭姫命奉祀する處にし て是も地主の神であるとした。そして『神名帳考證』『神 名帳考證再考』に記す綱長井神を祀ると云ふ説を否定して ゐるが現在、認められてゐる祭神名「栖長」の字が妥当で あろう。土地の人々の信仰としては昭和八年の記録に「社 頭の藤樹ニ祈請セバ大刀ノ兒ヲ授ルトノ信仰アリ、現在ハ 藤樹ナシ」とあり、嘗て土俗信仰の痕跡が窺はれる。

−『式内社調査報告』−



最終更新日:2013/10/09
【 皇大神宮摂社 津長神社 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市