HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


石前神社
いわさきじんじゃ
[三重旅行] 三重県松阪市中万町字戸笠724−3  Zenrin Data Com Maps display !!


右三巴

式内社 伊勢國飯野郡 石前神社
旧村社

御祭神
石前神社 道之長乳歯神
神明社 天照大神
三熊神社 熊野大神
宇氣比神社 天忍穗耳命
秋葉神社 火遠理命
蛭子神社 事代主神
愛宕神社 火之迦具土神
朝長神社 天児屋根命
八幡神社 譽田別尊

三重県松阪市にある。
紀勢本線の相可駅の北2Kmほどの中万町に鎮座。
42号線を北上し櫛田川を渡り、中万町交差点で東へ701号線に入り
500mほどで、北側に境内が見えてくる。

境内入口は南東向き。
鳥居の両脇に燈篭が立っており、左手に「石前神社」「延喜式内」と刻まれた石碑。
鳥居をくぐると右手に手水舎があり、手水鉢には神紋の三つ巴。

参道を進むと、境内左手の穴に何かが祀られている。
伊勢周辺の神社境内には、こんな感じで祀られていることが多いのだが、なんだろう。

参道階段を上り、参道を進むと二基の鳥居があり、さらに進むと社殿。
拝殿は壁の無い形式で、拝殿奥に垣に囲まれて神明造の本殿がある。

拝殿内に扁額が二枚あり、一枚には「石前神社」、もう一枚には「五社宮」とある。

参拝は三月、小雨が降ったり止んだりの曇天の日の朝。
水分を多めに含んだ境内の空気は瑞々しい。

創祀年代は不詳。
式内社・石前神社に比定されている古社。

古来、当地、乳熊郷には、上之社と下之社の二社が奉斎されていた。

上之社は五社宮と称し、石前神社、神明社、三熊社、宇氣比社、秋葉社が
天台宗乳熊寺境内に祀られていた。

下之社は蛭子神社と称し、牛頭天王二祠とともに天台宗護念院心光寺内に祀られていた。

寛文十二年(1672)九月、氏子山上長兵衛淨山(一説には山上源左エ門)の寄付により、
上之社、下之社を現在の社地に合祀。
心光寺住職j譽上人賢宿和尚は、氏子と相図って、牛頭天王の心光寺の鎮守とし
蛭子神社を当村の産土と定め、以後、当社の遷宮式には心光寺住職が参列するのが恒例となったが
明治以後は廃絶したという。

明治に入って村社に列したが、県訓令により、明治四十一年、
戸笠の若宮神社、八幡神社、八之坪の朝長神社とともに伊佐和神社に合祀された。
その後、氏子の要望により、昭和六年伊佐和神社の飛地境内として諸社とともに古社地に遷祀され、
昭和五十四年十一月十二日、合祀以前の状態にも戻し「石前神社」と改称した。

ということで、当社の古社地は、当社の南西300mほどにある乳熊寺の境内南西。
伊佐和神社のある射和町に近く、石前(いわさき)の社号も本来は「いそさき」とする説もある。


社頭

参道

何か祀られてる

参道鳥居

参道鳥居

拝殿

本殿

拝殿から本殿

石前神社

五社宮


最終更新日:2014/10/02
【 石前神社 (松阪市) 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市