HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


箕勾神社
みのわじんじゃ
[伊豆箱根旅行] 静岡県賀茂郡松崎町峰輪331  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 伊豆國那賀郡 箕勾神社
旧村社

御祭神
祭神不詳

静岡県の松崎町にある。
松崎町役場から、那賀川に沿って
15号線を東へ4Kmほどの峰輪に鎮座。
もう少し東へ行くと道の駅がある場所。

当社の社号は、「箕勾」と書いて、「みのわ」と読む。
鎮座地の峰輪と関連しているのは明らかだが、
資料によっては、社号を「箕白」と書かれている。
「勾」を草書で書くと「白」に見えるので、たぶん誤記だろう。

15号線から狭い道を北上し、集落の中へ。
小川に沿って少し歩くと、小川にかかる小さな橋がある。
その橋が、参道入口。
神社を示すものが見当らなかったので
歩いていた地元の方に神社の場所を聞いたのが、
その橋の前だった。

橋を渡り、坂道を登ると階段。
階段を登ると、苔生した参道の中に、真っ赤な鳥居が鮮やか。
苔と、高い木々と、赤い鳥居と、暖かな木漏れ日。
それだけで、来て良かったなぁ、とシミジミ思う。
参拝は、正月元日の朝。
当社が初詣では無いが、年始から良い気分で参拝開始。

参道を進むと、広い境内。
中央に土俵があり、奥に社殿。
伊豆の神社は、拝殿と覆屋を兼ねた社殿が多いようで、
当社も、この社殿の中に、どっしりとした本殿がある。

社伝によると、延慶元年(1308)十一月の創祀。

『伊豆国神階帳』に「従四位上 みのわの明神」とある古社で、
式内社・箕勾神社の論社の一つ。

祭神は不詳となっているが、
應永三十二年(1425)の棟札には、天満大自在天神とある。

現在、本殿に五扉があり、
中央に天神を祀る一扉、
向って右に日光・月光を祀る二扉、
向って左に熊野権現を祀る二扉となっている。

日光月光は、万治三年十一月に峰輪日月社を、
熊野権現は、慶長十四年九月に峰輪熊野社を合祀したもの。

帰宅後に資料をながめていると、
当社境内に、箕匂石というものがあるらしい。
残念、未確認だ。
箕匂石は、当社と野本神社の背後の森に一基づつあり、
社殿修繕の時には、その石上に神霊を奉安するという。

この野本神社は、当社と同じく峰輪にあり、
式内社・箕勾神社のもう一つの論社。
一説には、当社に合祀した熊野社が祀られていたとも。


参道入口

参道階段

鳥居

境内

社殿

社殿内の本殿


最終更新日:2013/10/09
【 箕勾神社 (松崎町) 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市