HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


三島神社
みしまじんじゃ
[伊豆箱根旅行] 静岡県賀茂郡南伊豆町妻良828  Zenrin Data Com Maps display !!









式内社 伊豆國賀茂郡 大津徃命神社
式内社 伊豆國賀茂郡 阿米都加多比咩神社
旧村社

御祭神
大津往命 配祀 須佐之男命

静岡県南伊豆町にある。
伊豆急行・下田駅から136号線を西へ19Kmほどの妻良に鎮座。
伊豆半島先端部の西側にある妻良港から少し南へ下った場所に
136号線に面して東向きの境内がある。

境内入口には明神鳥居が立ち、
鳥居扁額には「三島宮」。
鳥居上部の笠木は黒く、笠木の下の島木は朱色。
他の柱の部分は薄いピンク色で、柱根元の根巻は銅の緑という
ちょっと変わった色合いの鳥居が面白い。

鳥居をくぐり砂利の境内に入ると正面に
瓦葺の赤い拝殿。
拝殿の後方、一段高く本殿の覆屋があり
覆屋の中には赤い本殿が納められている。

境内左手には、北条水軍妻良の力石。
勇壮で力自慢の水軍だったようだ。

創祀年代は不詳。

慶長十三年再建され、明治六年九月村社に列した。

式内社・大津徃命神社に比定され、
『伊豆國神階帳』に「従四位上 おほつゆき姫の明神」とある神社。

祭神は、古来、大山祇命、あるいは事代主命とされていたが
現在は、大津徃命。

大津徃命は「オホツチヲノミコト」と読まれるが、
「オホツチユキノミコト」と読む説もあり、
『神祇志料』には、大津由伎姫明神とあり、
『静岡県神社誌』には、大津徃比咩命と記され
大津(港)を守護する姫神と考えられている。

一説には、三島大神の妃神・溝樴姫とあり
三島系の渡来神である女神であるとする。

別殿には八雲大神(須佐之男命)が祀られている。

また、当社を式内社・阿米都加多比咩神社とする説もある。

拝殿の屋根には巴紋が描かれていたが、
覆屋内部の本殿の扉には桐紋と菊紋の装飾があった。
どれが当社の神紋か、あるいはどれも違うのか確認できなかったので
とりあえず、全部掲載しておく。


社頭

力石

拝殿

境内

社殿

本殿覆屋

本殿覆屋

本殿

北条水軍妻良衆の力石
重さ二八〇瓩
 戦国時代、伊豆を平定した北条早雲 の傘下に入った妻良衆は、村田一之助 を頭領に仰ぎ、北条家中でも屈指の 水軍であった。
 彼等は、北条氏治世一〇〇年の中で 伊豆衆と呼ばれ、その豪勇ぶりはつと に有名であった。
 その勇士達が、平素身体鍛錬のため にかつぎ、差しあげたのがこの石で、 その名も力石と名づけられ今日まで伝 えられている。
 特に、北条氏と豊臣氏との戦雲急な 頃、妻良衆の一人小関加兵衛は、伊豆 沖にて敵の斥候一人を捕らえ、北条氏 直から感状を贈られ、その武勇を賞 讃されたのであるが、この人などは、 この石をいとも軽々と差し上げたと伝 えられている。

−境内案内板−



最終更新日:2013/10/09
【 三島神社 (南伊豆町妻良) 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市