HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


國柱命神社
くにはしらみことじんじゃ
[伊豆箱根旅行] 静岡県賀茂郡松崎町岩科南側176−1  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 伊豆國那賀郡 國柱命神社
旧村社

御祭神
國柱姫命

静岡県の松崎町にある。
松崎町役場から、南へ2Kmほどの岩科南側に鎮座。
岩科川に沿って121号線(南伊豆松崎線)を南下し、
岩科のJAの前にある宇治橋を渡る。

当社は丘の上にあり、
121号線からでも、当社の杜を見ることが出来るが、
当社への道は、なかなかわかり難い。
というか、説明しにくい。
とにかく、路地に入って、坂道を登ると、
参道入口に立つ、立派な白い鳥居の前に到着する。

鳥居の扁額には、『神明宮』と書かれており、
地図にも神明神社と記載されているが、
当社の社名は、國柱命神社。
「くにはしらみこと」とも「くにのみはしらみこと」とも読むらしい。

参道を進むと、丘の上の木々に囲まれた境内に到着。
中央に大きな拝殿があり、後方の覆屋の中に本殿がある。

創祀年代は不詳。
社伝によると、三島神が白浜から伊豆半島を開拓しつつ北上の途次、
属神である当社祭神が、当地を開拓したという。

古くは、岩科の宮とも称し、俗称として神明宮とも。

『伊豆国神階帳』に「従四位上 国原姫の明神」とある古社で、
式内社・國柱命神社に比定されている神社。

天文十一年再建し、山口の下屋敷に鎮座していたが
近世に、現在地に遷座。
鎮座地の岩科(いわしな)は、「いはしら」からの転訛で
「いはしら」は、國柱(くにはしら)からの転訛であるという説がある。

社殿の左手に小鷹神社、右手に茂山神社と琴平神社がある。
琴平神社は境内社のようだが、
小鷹神社と茂山神社は、『平成祭データ』には
別の神社として記載されている。
住所は同じなので、同じ境内に
3つの独立した神社が存在するということだろうか。
それぞれの祭神も、小鷹神と茂山神となっており
要するに祭神不詳の不思議な神社だ。

ただし『静岡県神社誌』では、単なる境内社となっているのだが。


社域

参道入口の鳥居

社域の杜

境内社殿

本殿

左の小鷹神社

右の茂山神社と琴平社

小鷹神社 小鷹神

茂山神社 茂山神

境内


最終更新日:2013/10/09
【 国柱命神社 國柱命神社 (松崎町) 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市