HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


牛庭神社
うしばじんじゃ
[三重旅行] 松阪市下蛸路町1281  Zenrin Data Com Maps display !!


右三巴

式内社 伊勢國多氣郡 牛庭神社
旧村社

御祭神
素盞嗚命 庭高津日命 大山祇命
天之忍穗耳命 大山咋命 火遠理命

三重県松阪市にある。
紀勢本線の相可駅の北3Kmほどの下蛸路町に鎮座。
42号線を北上し櫛田川を渡って1Kmほど、59号線との交差点付近に境内がある。

59号線側にも鳥居が立っており境内に入れるが、たぶんこれは裏参道。
表参道は境内の南東側。社前は広場になっている。

参拝は3月中旬、雨の早朝。
境内はまだ暗く、社前の外灯がともっていた。

鳥居の脇には「牛庭神社」と刻まれた大きな社号標。
鳥居をくぐり、石畳の参道を進むと右手に手水舎。
手水舎の後ろに岩があり、注連縄されていた。

参道の正面に拝殿があり、拝殿の周囲には白い玉石が敷かれていて、
奥の瑞垣の中に神明造の本殿がある。
社殿の周りに山神などと刻まれた石が祀られている。

創祀年代は不詳。
元は牛峯神社、牛峯両宮とも称されていたが、
式内社・牛庭神社の論社であり、
明治三十年十月十四日、許可を得て牛庭神社と改称された。

当社の旧記によると、当社社前の野を牛飼場といい、
往古、里人がこの野に牛を放し飼いにしていたことから牛庭神社というらしい。
また、神池は漁が禁止されており、魚を捕ると牛が祟るとか。

古来、多気国司よって造営がなされていたが、
享保年間の火災によって、古記録は焼失した。

明治四十一年三月十九日、境内社の若宮神社、
無格社・秋葉神社、無格社・宇気比神社と同境内社の若宮神社、
無格社・宇気比神社と同境内社の若宮神社、無格社・山神神社を合祀。
大正元年九月二十日、神饌幣帛料供進社に指定された。

祭神に素盞鳴尊を含むのは牛庭の牛から牛頭天王を連想したため、
庭高津日命を含むのは牛庭の庭からの連想だろう。

参拝時に確認できなかったが、『三重県神社誌』によると当社の神紋は「右三巴」。
三つ巴紋の場合、右・左の別は、頭が右回転が「右」とするもの、
尾が右に流れているものが「右」とするものなど、書物によりまちまちなので、
正確な図案はわからないけど。


社頭

表参道(南東側)入口

59号線側参道入口

境内

山神などの石碑

御神木

境内社殿

本殿

拝殿

59号線側参道

石碑


最終更新日:2014/05/12
【 牛庭神社 (松阪市下蛸路) 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市