HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [東海地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


波多岐神社
はたきじんじゃ
[三重旅行] 三重県伊賀市土橋752  Zenrin Data Com Maps display !!


十六弁菊


五三の桐

式内社 伊賀國阿拝郡 波太伎神社
旧郷社

御祭神
大鷦鷯尊(仁徳天皇)

境内社 式内社 伊賀國阿拝郡 宇都可神社
大物主命 大己貴命 罔象女命 高皇産靈命 建御名方命
源滿仲公 源頼光公 源頼信公 源頼義公 源義家公

境内社 府中神社
須佐之男命 軻遇突智命 大地主命
塞神 木花開耶姫命 大山祇命 火産靈命 天津國玉命

三重県伊賀市にある。
佐那具駅から線路に沿って西へ1.5Km。
道路脇に南面して白い鳥居が立ち、
参道が、真っ直ぐに社域の杜に続いている。

階段を登ると境内。
拝殿後方に、赤い本殿と左右に境内社。
もう一つ、玉垣内に社殿があり、これだけ西向き。
これらのどれが、宇都可神社で府中神社なのか、わからなかった。

『三重県神社誌』によると、
境内社は、宇都可神社、府中神社、英霊殿とある。

創祀年代は不明。
祭神についても、その由来は不詳。

『式内社調査報告』には古老曰くとして、
昔、境内に、真っ直ぐな樫の木があり、
これを朝廷に献上して、旗木(ハタキ:旗竿)にしたという話が載っている。

伊賀国三宮と呼ばれている神社。

往古は、坂ノ下・東條・西條・土橋・山神・印代・大石の郷社。
中古以後は、山神・西條・東條・印代・土橋の総社。
明治6年に村社となり、明治36年に郷社となった。

明治40年、周辺の神社をまとめて、宇都可神社と府中神社を境内に遷座した。
宇都可神社は、土橋の無格社・宇都可神社を核とする神社で、
式内社・宇都可神社の論社である。

宇都可神社の論社は、土橋と内保にあり、
明治時代に、式内論争が起こり、土橋の社が正式に式内と認定された。

拝殿に桐紋らしきもの、本殿に菊紋らしきものが付いていたが、
よく確認できなかった。
後に『三重県神社誌』を確認すると、十六弁菊と五三の桐と書かれていた。

境内に遷された土橋の宇都可神社の古社地(土橋の山中)を探して、
周辺をかなり歩き、住民の方、何人かにお聞きしたが、
「宇都可神社」の存在そのものをご存じない様子。
歩きつかれて断念。


社域の森を横から

社頭

境内

手水鉢に「三之宮」

拝殿

本殿と境内社

本殿右手の境内社

その隣、西向きの境内社

鐘楼

本殿

境内の木


最終更新日:2013/10/09
【 波多岐神社 】

ボーダー




東海地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方

伊東市
伊豆の国市
伊豆市
下田市
賀茂郡 河津町
賀茂郡 松崎町
賀茂郡 西伊豆町
賀茂郡 東伊豆町
賀茂郡 南伊豆町
掛川市
湖西市
三島市
周智郡 森町
駿東郡 清水町
駿東郡 長泉町
沼津市
焼津市
榛原郡 吉田町
静岡市 葵区
静岡市 駿河区
静岡市 清水区
田方郡 函南町
島田市
藤枝市
熱海市
磐田市
浜松市 中区
浜松市 西区
浜松市 北区
浜松市 天竜区
富士宮市
富士市
牧之原市

安八郡 安八町
安八郡 神戸町
安八郡 輪之内町
羽島市
加茂郡 東白川村
加茂郡 白川町
岐阜市
恵那市
高山市
大垣市
中津川市
飛騨市
不破郡 垂井町
揖斐郡 大野町
揖斐郡 池田町
揖斐郡 揖斐川町
養老郡 養老町

伊賀市
伊勢市
桑名市
志摩市
松阪市
多気郡 多気町
多気郡 大台町
多気郡 明和町
鳥羽市
津市
度会郡 玉城町
度会郡 大紀町
度会郡 度会町
名張市
鈴鹿市